ライツ社 新刊案内

27

人生を世の中のせいにできるのは、いつまでだろう? 【9/16『僕が旅人になった日』発売開…

9/16(水)、ライツ社の新刊『僕が旅人になった日』(TABIPPO)が発売されました。 制作が始まったのは、2019年5月。当初、春頃発売予定だった出版日も…

帰ってきたヨシダナギが見つけた「ドラァグクイーン」という象徴

5月25日、ヨシダナギさんの新刊『DRAG QUEEN -No Light, No Queen-』(ライツ社)が発売開始となりました。 出版記念として、紀伊國屋書店 新宿本店で…

「ガイアの夜明け」で特集された、超ホワイトな飲食店「佰食屋」は、どのようにして生ま…

『売上を、減らそう。 たどりついたのは業績至上主義からの解放』 中村朱美(ライツ社)2019/6/14発売  #全文公開  * 定年後だったはずの夢を28歳…

【はじめに全文公開】堀江貴文も評価した、インセンティブを「お金」ではなく「早く帰れ…

『売上を、減らそう。 たどりついたのは業績至上主義からの解放』 中村朱美(ライツ社)2019/6/14発売  ランチのみの国産牛ステーキ丼専門店、どれだ…

売上を、減らそう。_たどりついたのは業績至上主義からの解放

ライツ社から、このたび初めての著書を出版させていただく、佰食屋の中村朱美と申します。 本のタイトルは『売上を、減らそう。』、サブタイトルは『た…

9才の女の子が考えた天才的なことわざ集『自分ことわざじてん』が書籍化

Twitterにお母さんが投稿したところ、約5万リツイート&10万いいねを獲得した『自分ことわざじてん』。 9才の次女ちゃんが考えたオリジナルのことわざ「…

『僕たちはもう帰りたい』…あの行き場のない気持ちの「取扱説明書」

「利益出せ」「納期を守れ」「早よ帰れ」。いやムリもう帰りたい… と言いたくなるこの感情、働き方改革の渦中にいる大人なら、一度は経験したことがあ…

すべての広告コピーは人の幸せを願って書かれている

“うまれたばかりの誰かへ。こどもまっ最中の誰かへ。大人の誰かへ。親になった誰かへ。すこしだけ自信をなくした誰かへ。つよくなりたいだれかへ。すべ…

生まれてから死ぬまで。人生で大切なことは、ぜんぶ「広告コピー」に書いてあった。

〈0才〉泣きながら生まれてきたキミだから これから、たくさん笑ってほしい。(グリコ乳業)/〈16才〉決心や勇気や夢や挫折。都会には、目に見えない…

新刊『365日の願かけ(仮)』ご予約開始のおしらせ

ライツ社から、2018年12月発売の新刊情報をお知らせします。 『365日の願かけ(仮)』 絵:布川愛子 編:WRITES PUBLISHING きっかけは、こんな願か…