ライツ社 新刊案内

31
【画家本人による解説】ベスト作品集『REMEMBER』に込められた想い

【画家本人による解説】ベスト作品集『REMEMBER』に込められた想い

ライツ社から発売された、海の砂の上に絵を描く画家・たなかしんさんの画集『REMEMBER』。大阪・阪急うめだ本店での展覧会では過去最高点数の原画が展示され、好評のうちに会期を終えました。 12月18日(水)からは、東京・丸善日本橋店3Fギャラリーで今年最後の展覧会を迎えます。そこで、阪急うめだ本店で行われたギャラリートークの内容をお届けいたします。 たなかしんさんが絵に込めた想いはもちろん、キャンバスに海の砂を使っている理由や、全財産を使った展覧会の話など、他では聞け

スキ
27
「絵と生きてきてよかった」 絵本作家たなかしん20周年記念ベスト作品集 『REMEMBER』

「絵と生きてきてよかった」 絵本作家たなかしん20周年記念ベスト作品集 『REMEMBER』

幼稚園の頃、ぼくは世界が怖くて仕方なかった。おともだちはみんなぼくより大きくて友達になんてなれそうもないし、のらねこはいつだって怪獣みたいだった。だからぼくは絵を描いた。 猫よりも強そうな恐竜を描いて、手を繋ぐ友達を描いた。おいしそうなパンを描いて 柿につぶされないカニを描いた。今日は何を描こう。それはいつの間にか当たり前のことになって、今もまだ描いている。 あんなに怖かった世界にむき出しで飛び出していった絵たちは、ぼくに友達を見つけてくれて愛を教えてくれた。 世界

スキ
23