ライツ社 新刊案内

31
365日、その日その季節にぴったりの願かけを並べてみたら、「幸福をまねく大事典」ができました。

365日、その日その季節にぴったりの願かけを並べてみたら、「幸福をまねく大事典」ができました。

1月1日「初詣のお賽銭はポチ袋に包む」。四季に散らばる伝統行事は、毎日の暮らしを丁寧に見直すきっかけになります。 4月3日「桜の花びらを3枚キャッチできたら恋の予感が訪れる」。好きな人に気持ちを届けたいときには、ウキウキしながら試せるおまじないを。 7月23日「大切な仕事の前には天重を食べる」。大事な試験やプレゼンに挑む日には、積み重ねてきた努力に勇気を与えてくれる願かけを。 11月9日「普段は開けない窓を開ける」。日々の生活に小さな習慣として取り入れるだけで、心や体が整うも

スキ
4
新刊『365日の願かけ(仮)』ご予約開始のおしらせ

新刊『365日の願かけ(仮)』ご予約開始のおしらせ

ライツ社から、2018年12月発売の新刊情報をお知らせします。 『365日の願かけ(仮)』 絵:布川愛子 編:WRITES PUBLISHING きっかけは、こんな願かけを知ったことからでした。 イタリアでは、コーヒーに角砂糖をポトンッと入れたとき、たった泡がカップの中央に集まると日本の茶柱同様に「幸運のしるし」だと言われています。ドーナツ状に泡が広がると雨が降るとも。 なんだかお洒落なイタリアのおじさんが教えてくれそうな言い伝え。たとえば、この願かけを知っているだけ

スキ
10