ライツ社マガジン

5
ノート

木の植え方|平屋私庭日記#4

前回の記事から2週間が経ち、植物たちは冬仕度に向けて徐々にくだり始めてて、そろそろ紅葉し始めそうな雰囲気です。庭屋は年末に向けてバタバタ忙しくなってきて、気をぬいたら京都の出町ふたばの和栗餅を食べそこねてしまいそうでソワソワしてる。11月には行きたい!

くだり始める:植物たちが冬に向けて紅葉や落葉していくことや、ハリがなくなったり、大人しくなるという意味に近い。感覚的な表現で使われるかな。

もっとみる
「write,right,light」。書く力で、まっすぐに、照らす
23

「幻の砂糖」パームシュガーの工房を訪れて_カンボジア|世界のお菓子(食)を巡る旅#4

2017年12月25日、世間がクリスマスで賑わう中、わたしは空港にいた。向かった先はカンボジア。アンコール・ワットで有名な「シェムリアップ」ではなく、そこからずっと南の「カンポット」という街へ。

理由は、わたしが世界一周していた当時、ネパールで宿を経営していた大好きな家族が、カンポットでPlant basedのカフェ(菜食主義のカフェ)を営んでいて、滞在しながら勉強させてもらいたかったからだ。

もっとみる
あなたの心が雨模様でも、3つのライトでその心を照らしたい
41

スダチの収穫と土作りのお話|平屋私庭日記#3

平屋で始まった庭づくり、僕的になかなかいい感じの庭になってきてます!(実は庭づくり自体は年明けからスタートしてて、写真を撮りためているのでお見せしていければと思います。)
順を追って紹介していくつもりだったけれど、今の庭の姿を見て欲しいし、やっぱり四季を感じたり楽しむことも庭の醍醐味の一つだなって思うので載せちゃいます!

これが週末に撮影した今の庭の状況。植物たちが植えた時よりモリモリ茂ってきて

もっとみる
私たちの挑戦自体が、明るいニュースになると信じて
34

「カオラウ」_フォーよりもこっちを食べてほしい! ベトナム版カレーうどん|世界のお菓子(食)を巡る旅#3

ベトナムを代表するヌードルといえば!
「フォー」ですよね。

でも今回は「フォー」ではなく、わたしがベトナムで虜になった「カオラウ」のお話。

「カオラウ」は、ベトナムの北部の町ホイアンやすぐ近くのダナンで食べられている麺料理。歯ごたえのある少し幅広の麺は、フォーと同じく米粉でつくられている。スープは醤油ベースにカレーの風味をプラスオン。具材は豚肉や野菜、その上にパクチーやハーブなどの香味野菜をた

もっとみる
4人でやっている小さな出版社です
19

今日は縁側を作ります|平屋私庭日記#2

ことし平屋に引っ越して初めての秋を迎えた。
平屋の冬はとにかく寒いし夏はめちゃくちゃ暑い!平屋のくらしはそんな甘いものではない、という洗礼を受け、やっと過ごしやすい季節が来てくれました。

僕が庭でまずしたこと。それは更地の庭に「縁側」を作ること。理想や植えたい植物はたくさんあるけれど、普段の仕事とは違って自分自身の日常生活とちょっと背伸びした理想を重ねた結果が「縁側」なのです。

内でも外でもな

もっとみる
本とは凍りついた心を解かす光です
33