ライツ社マガジン

4
ノート

コペンハーゲンのチョコボール|世界のお菓子(食)を巡る旅#13

先週、4ヶ月ぶりにひとり旅に出た。
行き先はコペンハーゲン。

それはわたしにとって聞き慣れた街だった。なぜかというと母が「ロイヤルコペンハーゲン」の食器が好きで、幼い頃から地名だけは慣れ親しんでいたからだ。
今日はそんなデンマークの伝統菓子を紹介したい。いくつか代表的なものがあるけれど、その中から今日は「Fløde boller」を。

直訳すると「クリームボール」。

名前もシンプルなら構造も

もっとみる
自分が面白いと思える本を大好きな本屋さんに届けて読者に読んでもらいたい
36

サクランボの人工授粉|平屋私庭日記#14

「花粉が飛び始めたらしい。」この情報をsnsやお客さんから聞くたびに今年こそ花粉症になるかもしれないとそわそわ浮き足立ってしまう。数年前に友人カメラマンから、花粉症はコップに水を注いていくのと同じで、つるつる一杯になって溢れ出たとき症状が表に出ると聞いたことがある。その体内にあるコップのサイズは人それぞれだけれど、みんな必ず持っていて常に水位は上昇していくらしい。そう考えると毎日庭で植物たちと過ご

もっとみる
「write,right,light」。書く力で、まっすぐに、照らす
16

タジン鍋でつくるモロッコのオムレツ|世界のお菓子(食)を巡る旅#12

モロッコで食べた、わたしのお気に入り料理。
「ベルベルオムレツ」。

いつだっただろうか?
何かの料理番組で紹介されたのをきっかけに、日本でもブームになった、モロッコのタジン鍋。円錐形の独特な形のおかげで、中の蒸気や熱がうまく回り、いわゆる「無水調理」ができる。蒸し料理や蒸し焼きには最適とされている鍋だ。もしかしたらこれを読んでくださっている方の中にも、キッチンの棚の奥底で眠らせている方もいるかも

もっとみる
私たちの挑戦自体が、明るいニュースになると信じて
23

花芽と葉芽の見分け方|平屋私庭日記#13

この冬は高知県の牧野植物園に行ってきた。日本の植物学第一人者である牧野富太郎さんゆかりの植物などが、3000種類あるって記載されてたのが分かるくらい、広大な敷地にたくさんの植物たちがいてました。今回は時間の都合でさっと見て回ったけれど真剣に見るには一日で足りないところだったなぁ!

写真の温室は見たことない植物や知ってるれどサイズが規格外に大きくて驚きの連続!これは是非オススメしたい場所!

もっとみる
ここには夢があります
27