ライツ社応援の声

2
ノート

あなたの『人生を狂わす名著50』が知りたい。他人の本棚を眺めるのが好きな人のための一...

音楽や映画のはなしで盛り上がり、いつも美味しいラーメン屋さんを教えてくれる先輩に本を贈ったことがある。たしか誕生日の機会だったと思う。(世界の...

広告コピーが「ずっと読まれる」理由とは? ー『0才から100才の広告コピー』によせて

これは『0才から100才の広告コピー』という本の書評なんだけど、ちょっと最初に告白しとくと、私は広告というものが……そんなに好きじゃなかった。 だ...