ライツ社応援の声

49
「売上を減らそう。」から考える、自分の働き方。 さあ、何を捨てよう。

「売上を減らそう。」から考える、自分の働き方。 さあ、何を捨てよう。

こんにちは、藏屋景子です。 書籍「売上を減らそう。」は、 ・ランチのみのステーキ丼専門店 ・100食限定 ・残業なし ・なのに給料は百貨店なみ こんな超ホワイトの飲食店「佰食屋(ひゃくしょくや)」のお話。 【もう「頑張れ」なんていいたくない。 「仕組み」で人を幸せにしたい】 中小企業向け働き方改革の参考になりそうだ。 とてもおもしろかった。 今回は、この本から考える働き方についてお話しする。 何を捨てるか。この著者が捨てたのは「売上」。 選んだものは「家族との時間」

スキ
7