ライトな出版業界紙 on note(β)

1
記事

今はもうない、とある姫路の本屋さんのお話

ある日、ライツ社に届いた物語。それは今はもうない、とある姫路の本屋さんのお話。 作者の清水さんはこう手紙に書いてくれていました。 小さな子供か…