見出し画像

24時間で切り取ったウユニ塩湖の写真がすごい!『ウユニ塩湖完全ガイド』(10月27日発売)から一部抜粋

誰もが「生きているうちに一度は行きたい」と願う世界一の絶景、ウユニ塩湖。その「日本初のガイドブック」がついに誕生しました!特別にその中身を抜粋してご紹介します。


24hours絶景写真集

あなたが見たいウユニはどんな色でしょう?

時間の経過とともに姿を変えるウユニ塩湖。夜明け、青空、夕焼け、星空…そしてその間すらも、1 つとして同じものはありません。

そんなウユニ塩湖に1ヶ月間テントを張り、24時間命懸けで撮り続けたカメラマンがいます。フォトグラファー「Yuki Ueda」が命を張ってまで撮り続けた絶景とは?

吸い込まれるような絶景写真の一部をご紹介します。撮影カメラマンのコメントとともにお楽しみ下さい。

6:00

夜が明けると、空が白く淡くやさしい色に包まれていく。その景色に見とれていると、息をすることさえ忘れてしまう。


8:00

地平線の向こうまで空の色が足元を染めている。誰もいないウユニ塩湖を歩くと、まるで自分が空の上を歩いているかのように思えてくる。


12:00

「天空の鏡」としか言い表せない景色が自分を中心に遥か彼方まで広がっている。目の前だけじゃなく、360°。まさに奇跡の絶景だった。


18:00

夕暮れ、空は目まぐるしく色を変えていく。青色からオレンジ一色に染まったウユニ塩湖はこの世のものとは思えないほど美しかった。


19:00

太陽は別れを惜しむかのようにゆっくりと沈んでいった。突然、たった一人だけ世界に取り残されたような寂しさに襲われる。


20:00

頭の上には星空が広がっているのに、目の前では激しい雷鳴が轟いている。見たこともない景色にただただ言葉を失った。


26:00

新月の夜、目の前に宇宙が広がっていた。満天の星がウユニ塩湖を覆い、幻想的な世界が広がる。流れ星さえも足元で大きく輝いた。


いかがでしたか?今回完成した『ウユニ塩湖完全ガイド』には、ここでは紹介しきれない美しい写真や、一生一度のウユニ塩湖への旅を絶対後悔しないために考え抜いたコンテンツが満載です。

行きたい人も行かない人も楽しめる!『ウユニ塩湖完全ガイド』
著者:Only One Travel 10月27日発売
Amazonでの予約はこちらから

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版業界を新しくしたい。もっと良くしたい。読者と、書店と、友達のような出版社でありたい。「本ができること」を増やしたい。いただいたサポートは、そのためにできることに活用させていただきます。

創業の夜は雷雨でした
1

ライツ社

2016年創業。海とタコと本のまち「兵庫県明石市」の出版社です。writes.right.light「書く力で、まっすぐに、照らす」を合言葉に、ジャンルにとらわれず本をつくっています。 https://linktr.ee/writes_p
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。