ライツ社

2016年創業。海とタコと本のまち「兵庫県明石市」の出版社です。writes.right.light「書く力で、まっすぐに、照らす」を合言葉に、ジャンルにとらわれず本をつくっています。 https://wrl.co.jp

ライツ社

2016年創業。海とタコと本のまち「兵庫県明石市」の出版社です。writes.right.light「書く力で、まっすぐに、照らす」を合言葉に、ジャンルにとらわれず本をつくっています。 https://wrl.co.jp

    マガジン

    • ライツ社 航海日誌

      • 37本

      わたしたちライツ社の挑戦自体が、出版業界の明るいニュースになればと思っています。このマガジンではライツ社の普段の活動から、印象的なトピックスを公開していきます。「本」に関わるお仕事をさせている方に向けた、ちょっと専門的なお話です。

    • 明るい出版業界紙

      • 68本

      誰でも読める出版業界紙です。出版業界のおもしろい取り組みやインタビューを中心にアップしていきます。本に関わる方はもちろん、業界以外の方に広く親しんでもらえたら嬉しいです。リリースも募集中!

    • ライツ社 新刊案内

      ライツ社から発売した新刊案内をまとめたマガジンです。

    • ライツ社応援の声

      ライツ社の本やライツ社の活動などについて思いを綴ってくれたみなさんの投稿をまとめています。

    ウィジェット

      • ライツ社 航海日誌

        • 37本
      • 明るい出版業界紙

        • 68本
      • ライツ社 新刊案内

      • ライツ社応援の声

    • 商品画像

      HEROES

      ヨシダナギ
    • 商品画像

      ずっと読みたい0才から100才の広告コピー(ライツ社)

    • 商品画像

      全196ヵ国おうちで作れる世界のレシピ(ライツ社)

      本山尚義
    • 商品画像

      人生を狂わす名著50

      三宅香帆,今日マチ子

    最近の記事

    【8/14午後3:30】はじめてライツ社の本がテレビ番組になりました!『認知症世界の歩き方』

    2021年9月に発売した『認知症世界の歩き方』(15万5,300部)が NHK Eテレでテレビ番組化されることになりました! パチパチパチパチ! いったいどんな映像になるのか、いまから楽しみです。 本で紹介しているのは例えばこんな出来事 『認知症世界の歩き方』は、まるで「ご本人の頭の中を覗いているような感覚」で、認知症のことを楽しみながら学べる一冊です。 認知症のある人が経験する出来事を、「旅のスケッチ」と「旅行記」の形式でわかりやすく紹介しています。 番組は8/1

    スキ
    28
      • 本が飛ぶように売れた「二子玉川 本屋博」。しかけたのは本に出会う幸福な事故 

        2日間で来場者3万3000人、本を1万126冊も販売。 規模がもはやフェスです。 2020年1月、40の個性ある本屋さんが集結して「二子玉川 本屋博」が開催されました。その盛り上がりから、こんなに本が売れるんだと、驚いた人も多いのでは。 出版不況? 「そんなの絶対に嘘だと思います」と語るのはこのイベントを企画・開催した、北田博充さん。 北田さんは「梅田 蔦屋書店」の店長であり、ひとり出版社「書肆汽水域」としても活動、取次会社でも10年間働かれていました。 「書店」「出

        スキ
        147
        • 【営業実演あり】エクスナレッジ×サンクチュアリ出版×ミシマ社×ライツ社「ホントのところ出版営業って面白いの?」

          前回好評だった出版営業イベントの第2弾! 今回は東京2社、関西2社の計4社の出版社が登壇します。 東京からはエクスナレッジ、サンクチュアリ出版。 関西からはミシマ社とライツ社。 それぞれ違う個性の出版社で働く20代〜30代前半の若手営業の方に、ざっくばらんにぶっちゃけた話を聞くイベントです。 「なぜ出版営業になったのか?」 「営業の面白さと大変なところ」 「今後どのようになりたいか」 など本音トークを話していただきます。 さらに、今回は実演つきで、彼らが実際に書店に営業

          スキ
          35
          • 【夏休みの自由研究にぴったり】明石市で「こども海の文学賞」の募集が始まりました!

            ライツ社のある、海とタコと本のまち明石で「こども海の文学賞」がはじまります。海にまつわるノンフィクション作品を、なんと全国の小・中学生から大募集です。 この素敵な取り組みを、地元出版社としてライツ社も応援しています。 募集するのは「海」をテーマとしたノンフィクション作品です。 対象は、小学生・中学生のみなさんです。 なんと、作品を書くための「書き方講座」や魚がたくさん水揚げされる「漁協見学会」やプロの魚屋さんが買い付けにくる「卸売市場見学会」も開催されます。 選考委

            スキ
            23

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ライツ社 航海日誌

            • 37本

            わたしたちライツ社の挑戦自体が、出版業界の明るいニュースになればと思っています。このマガジンではライツ社の普段の活動から、印象的なトピックスを公開していきます。「本」に関わるお仕事をさせている方に向けた、ちょっと専門的なお話です。

          • 明るい出版業界紙

            • 68本

            誰でも読める出版業界紙です。出版業界のおもしろい取り組みやインタビューを中心にアップしていきます。本に関わる方はもちろん、業界以外の方に広く親しんでもらえたら嬉しいです。リリースも募集中!

          • ライツ社 新刊案内

            • 34本

            ライツ社から発売した新刊案内をまとめたマガジンです。

          • ライツ社応援の声

            • 49本

            ライツ社の本やライツ社の活動などについて思いを綴ってくれたみなさんの投稿をまとめています。

          • ライツ社 航海日誌

            • 37本

            わたしたちライツ社の挑戦自体が、出版業界の明るいニュースになればと思っています。このマガジンではライツ社の普段の活動から、印象的なトピックスを公開していきます。「本」に関わるお仕事をさせている方に向けた、ちょっと専門的なお話です。

          • 明るい出版業界紙

            • 68本

            誰でも読める出版業界紙です。出版業界のおもしろい取り組みやインタビューを中心にアップしていきます。本に関わる方はもちろん、業界以外の方に広く親しんでもらえたら嬉しいです。リリースも募集中!

          • ライツ社 新刊案内

            • 34本

            ライツ社から発売した新刊案内をまとめたマガジンです。

          • ライツ社応援の声

            • 49本

            ライツ社の本やライツ社の活動などについて思いを綴ってくれたみなさんの投稿をまとめています。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 「選挙くじ」に376名が参加してくれました。

              7月10日の参院選の約10日前によびかけた「#選挙くじ」ですが、応募に376ツイートも集まりました。また、ライツ社のツイートに1,400リツイート以上の反響がありました。 サンクチュアリ出版、ライツ社の2社協賛という形でスタートしましたが、Forbes JAPAN編集部の方の目に留まり、記事化もされました。予想以上の広がりに正直とても驚きました。 選挙くじに参加してくれた方々の「投票行ってきたよ!」というツイートを見て、ありがたいなという気持ちと、みんなで選挙に関わってい

              スキ
              25
              • 「選挙割」ならぬ「選挙くじ」やります。抽選で100名様に、出版社から図書カード1000円分プレゼント!

                2022年7月10日(日)は参院選です。飲食店やスーパー銭湯を営んでいるみなさんが「選挙割」というものをやっているというニュースをテレビで見ました。少しでもたくさんの人に選挙に行ってほしいという思いから、投票に行ってきたお客さんに、●%割引!という形でなにかしらのサービスを提供するというものです。 「すごくいいなあ」と思いました。でも、わたしたち出版社は小売でもサービス業でもないので、なにかを割引することはできません。でも、なにかしたいと思って相談すると、こんなアイデアが出

                スキ
                87
                • どうやったら本は売れるのか?~出版社の営業に聞く100万部のつくり方~

                  100万部突破のベストセラー『人は話し方が9割』を生んだ、「すばる舎」の営業・原口大輔さんと「ライツ社」の営業・高野のスペシャル対談が7月6日(水)19時から開催されます。場所は大阪市森ノ宮の「まちライブラリー もりのみやキューズモール」。 出版社の花形といえば編集。 そう思われている人が多いと思いますし、有名な編集者も多くいます。 でも、出版社には「営業」という仕事があります。 そして、有名な編集者ほど、転職する際には「その出版社に良い営業がいるかどうか」を基準にすると

                  スキ
                  47
                  • 職場体験の中学生と一緒に取材したら図書館の熱い部分が見えてきた

                    職場体験、みなさんはしたことありますか? 中学生のときに近隣の企業でお仕事体験をさせてもらうやつです(ライツ社のある兵庫県では「トライやる・ウィーク」という名称)。 実はライツ社にも、市内の中学生が職場体験にきてくれました。 編集や営業のお仕事を体験してもらうなかで、一緒に「明るい出版業界紙」の取材も体験することに。 向かったのは「Library of the Year 2021」 優秀賞・オーディエンス賞を受賞したあかし市民図書館です。 この日のスケジュール 9時 

                    スキ
                    67
                    • 5/26(木)19:30〜 @スタンダードブックストア  「ホームレス状態にある方にカメラを渡して見えたこと」写真集『アイム』刊行記念トークイベント

                      「なんとおもしろい企画だろう」。ホームレス状態の方に『写ルンです®︎』を渡し、思い思いに撮ってもらうというのだ。 撮った写真にはその人の、人生そのものが映し出される。西成で撮影された写真をぼんやり眺めていると、『隙ある風景』(ケイタタ著)と重なる。 意外に良さげな写真が多いことに、正直驚いた。「展示できないか」と版元に相談した。本書の全容を把握していないにもかかわらず、「トークイベントもしたい」とも。そのほうが本書の意図がより伝わるだろうと思ったからだ。 改めてページを

                      スキ
                      42
                      • はじめて「夜回り」でホームレス状態の人に会った日から感じていたこと

                        4月28日、写真集『アイム Snapshots taken by homeless people.』(発行Homedoor、発売ライツ社)が発売されました。 この写真集のカメラマンは、ホームレス状態の人たち。 ・河川敷で10年以上暮らす元建設業の男性 ・ネカフェ(インターネットカフェ)を転々とする元ホストの男性 ・教会に通う元引きこもりの女性 年齢も、性別も、状況も、さまざまな人たちがフィルムカメラで自分たちの街を切り撮った写真集です。巻末には、1人ひとりのインタ

                        スキ
                        50
                        • \ホームレス状態の方々がカメラで街を切り取った写真集 『アイム』発売/ Homedoor事務局長 松本浩美 Interview

                          ホームレス状態の方々がカメラで街を切り取った写真集 『アイム』が2022年4月28日に発売いたします!発売に先立ち、写真集制作に関わってきたHomedoor事務局長の松本にインタビューを行いました。 プロフィール —–2017年からホームレス状態の方々にフィルムカメラを渡し、日常を撮影してもらうという活動を続けてきました。ホームレス状態の方々に写真を撮影してもらおう!というアイディアはどのようなきっかけから生まれ、写真集の出版へとつながったのでしょうか? 広告代理店の若

                          スキ
                          65
                          • 古代エジプトでサバイバル!? 日本初! 自宅にいながら世界遺産で「脱出ゲーム」ができる本

                            ライツ社から、2022年ようやく1冊目の新刊のお知らせです。 まだまだ海外旅行に行きにくい現在、自宅にいながら世界遺産を舞台に脱出ゲームを楽しめる本が完成しました。 脱出ゲームの舞台はなんと、ファラオと黄金が眠る世界遺産・王家の谷。 まっくらやみの地下墓地にたった1人。読者を待ち受けるのは、生死を決める130の分かれ道。決断する選択肢によって、たどるルートや結末が変わる。神々の呪い、しかけられた罠、黄金の財宝、朽ち果てたミイラ、毒蛇、サソリ、墓泥棒との駆け引き。緊張感あふ

                            スキ
                            33
                            • 宮崎の「放課後等デイサービス」の子どもたちに本を届けたい

                              2/15に宮崎県の田中書店さんが立ち上げたクラウドファンディング。"本が大好きだという子どもたちに好きな本を届ける"という趣旨に共感し、ライツ社も応援しています。 ページへのご訪問ありがとうございます。 私は宮崎県で”田中書店"を営んでいる、田中佑輝と申します。 郊外店が2店舗、イオンモールの中に1店舗の合計3店舗、創業130年ほどの老舗書店です。 取り扱い商材は書籍や雑誌だけでなく、文具やトレーディングカード、地元の加工食品などにも幅を広げる一方で、カフェ併設店も展開し

                              スキ
                              51
                              • 認知症について書かれた本が、ビジネス書グランプリのリベラルアーツ部門賞

                                「読者が選ぶビジネス書グランプリ2022」において、ライツ社の『認知症世界の歩き方』(著 筧裕介)が「リベラルアーツ部門賞」を獲得しました。 『認知症世界の歩き方』の総合順位は4位。『マイノリティデザイン』はイノベーション部門で2位、総合9位となりました。総合グランプリは『1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書』でした。 認知症世界って、ぼくらの世界の地続きで、だれにでもあること著者の筧さんは受賞スピーチでこんなことを話していました。 ライツ社としても、認知

                                スキ
                                58
                                • 【ルールは医学書を選ばないこと】13名もの医療従事者が230点選書フェア

                                  大垣書店京都本店でドーンと開催中大垣書店京都本店ではじまった「#SNS医療のカタチ」選書フェア。2022年2月末までの間、13名の医療関係者のみなさんが選んだ約230点がお店の入り口前で展開されています。直接医療に携わるみなさんの選書が手にとれるってすごくないですか? 「医学書」ではなく「一般書」のフェア お医者さんが選んだ本ですが、医学書ではなく、すべて一般書です。医療や薬にまつわる入門書やビジネス書、小説にコミック、図鑑まで、とっつきやすくてバラエティに富んだ選書にな

                                  スキ
                                  60
                                  • ライツ社の出版営業募集に、69名からのご応募がありました。

                                    年末に呼びかけた募集ですが、大変ありがたいことに69名もの方からエントリーをいただきました。とても素直に驚いています。 編集者ではなく、出版営業というニッチ?な職種に、これだけの方がご応募くださったことはとてもうれしく、これからの励みになります。この場をお借りして、御礼申し上げます。 エントリーフォームを何度も読ませていただきました。これから社員みんなで話し合い、お会いしたいと思った方にご連絡します。 エントリーフォームには「ライツ社への質問」という項目を設けたのですが、

                                    スキ
                                    92