ライツ社

2016年創業。海とタコと本のまち「兵庫県明石市」の出版社です。writes.right.light「書く力で、まっすぐに、照らす」を合言葉に、ジャンルにとらわれず本をつくっています。 https://linktr.ee/writes_p

8/31(土) 「ヨシダナギ、金沢に立つ」を開催します|ベスト作品集『HEROES』トークショー

本日は金沢にて、ヨシダナギさんのトークショーを開催することになりましたので、そのお知らせです。

ご予約は以下のpeatixページからお願いいたします。

〈開催概要〉

■2019年 8月31日(土)16:30~19:00(開場16:00)
■入場料:2,500円
■場所:金沢文化ホール 大会議室(石川県金沢市高岡町15-1 )
■定員:200名

〈イベント内容〉

2009年に単身アフリカへ

もっとみる

7/20,21_全国の出版社が本当に面白い本を持って大集結「BOOK MARKET2019」@浅草に出展します

ライツ社は「BOOK MARKET 2019」に出展します!

11回目となるBOOK MARKET 2019は、前回に引き続き浅草・台東館で開催されます。日本全国から45の出展社が、本当に面白い本を持って大集結します。

日時|2019年7月20日(土)、21日(日)10時~17時
会場|台東館7F北側(地図、住所は下記)
   〒111-0033 東京都台東区花川戸2-6-5

ライツ社ブース

もっとみる

可愛すぎる街、エストニアの首都タリンで人気NO.1のお店レポ|世界のお菓子(食)を巡る旅#18

カナダでの生活を終え、18日間の旅に出た。

行き先はポルトガル、フィンランド、デンマーク、エストニア、ラトビア。この旅で、訪問国数は50を超えた。

今、この記事をポルトガルのリスボンからアゲダに向かう列車の中で書いている。こうして文字を並べている間も緑豊かな大地が視界には流れていて、その上には穏やかな青空が広がっている。時折、手を止めて、その景色の美しさに見とれいてる。贅沢な月曜日だ。

「バ

もっとみる

ベリーって名前のつく植物|平屋私庭日記#22

平屋のマルベリーが収穫をむかえた。そういえばベリーって名前のつく植物ってたくさんある。そもそもベリーって何か意味がある言葉なんだろうか?今回は収穫とベリーのお話を

マルベリーの収穫

マルベリーの実はドス黒くぶっちゃけ見た目は悪い、そしてそんな容姿からは想像できないくらい甘くて美味しい。

マルベリーは桑の木とも言われてて、マルベリーより桑って言われた方がわかりやすい方もいるかもしれない。僕自身

もっとみる

福井のみそ屋さんが勝手に始めちゃった「文学賞」のすごい舞台裏!

「みそ屋大賞」って知ってますか? ん? 日本でいちばん美味しい味噌屋さんを決めるコンテスト? 

違うんです。これ、「本の賞」なんです。

すごくざっくり言うと、「福井県の老舗みそ屋さん『米五』が、従業員教育の一環として、“本家”本屋大賞のノミネート作品の中から独自に1位を決め、勝手に表彰を続けている」という賞。6月には福井新聞からこんな記事が出ていました。

米五がことし「一番味わい深い本」とし

もっとみる

元京大院生が「読みたくなる文章のからくり」を解説!

「“ぐっ”と人の心をつかむ文章って、どうやって書くんだろう」

「思ったように文章が書けないし、時間だけがすぎていく」

こんな、文章をうまく書きたいけど、どうしたらいいんだー!という方、多いのではないでしょうか。

そんなあなたに朗報。先日出版した『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』(サンクチュアリ出版)が話題の三宅香帆さんがアドバイスをくれるイベントが開催されます。

三宅さんはライツ社

もっとみる