ライツ社

2016年創業。海とタコと本のまち「兵庫県明石市」の出版社です。writes.right.light「書く力で、まっすぐに、照らす」を合言葉に、ジャンルにとらわれず本をつくっています。 https://wrl.co.jp
    • 明るい出版業界紙(β) on note
      明るい出版業界紙(β) on note
      • 44本

      誰でも読める出版業界紙です。出版業界のおもしろい取り組みやインタビューを中心にアップしていきます。本に関わる方はもちろん、業界以外の方に広く親しんでもらえたら嬉しいです。記事を書きたい方も募集中です!

    • ライツ社 航海日誌
      ライツ社 航海日誌
      • 29本

      ライツ社は、いま、日本でもっとも新しい出版社の1つです。ですので私たちの挑戦自体が、出版業界の明るいニュースになればと思っています。このマガジンではライツ社の普段の活動から、印象的なトピックスを公開していきます。「本」に関わるお仕事をさせている方に向けた、ちょっと専門的なお話です。

    • ライツ社 新刊案内
      ライツ社 新刊案内
      • 28本

      ライツ社から発売した新刊案内をまとめたマガジンです。

    • ライツ社マガジン
      ライツ社マガジン
      • 63本

      ライツ社の周りにいる、普段は作家でもなんでもない(でもとてもおもしろいことをしている)みなさんの記事を連載。 2018年12月現在の連載タイトル ・「世界のお菓子(食)を巡る旅」菅野つばさ ・「平屋私庭日記」大阪の若手庭師 中山智憲

    • ライツ社応援の声
      ライツ社応援の声
      • 50本

      ライツ社の本やライツ社の活動などについて思いを綴ってくれたみなさんの投稿をまとめています。

  • HEROES

    ヨシダナギ
  • ずっと読みたい0才から100才の広告コピー(ライツ社)

  • 全196ヵ国おうちで作れる世界のレシピ(ライツ社)

    本山尚義
  • 人生を狂わす名著50

    三宅香帆,今日マチ子

【職権、最高!】直木賞・芥川賞だけじゃない。ふつうの書店員がつくった素敵な文学賞まとめ

昨日、1月20日(水)に第164回直木賞と芥川賞が発表されました。 芥川賞は宇佐見りんさんの『推し、燃ゆ』(文芸秋季号)、直木賞は西條奈加さんの『心淋(うらさび)し川…

【1/21(木)20時半〜配信】スープ作家・有賀薫さんのお悩み相談会 #有賀さん教えて

『なんにも考えたくない日は スープかけごはん で、いいんじゃない?』の出版を記念して、note公式イベントでスープ作家・有賀薫さんに料理のお悩みを相談できるオンライン…

TBS「あさチャン!」で紹介。10分でできる簡単で美味しい「スープかけごはん」

本日の朝、TBS「あさチャン!」で「スープかけごはん」が紹介されました。テレビで放送された3つのレシピをご紹介します。 【缶詰でラクチン!】サバ缶と焼きねぎ、ゆずの…

本に救われた2020年だった

ライツ社の2020年、正確にいうと第4期(2019.9〜)のまとめを書きます。 第4期の出版点数は5点、うち2点重版。重版は40%と前期より下がってしまいましたが、売上は2億2942万…

編集者の仕事は、世の中に「問い」を置くこと

ライツ社から、新しいレシピ本が出版されました。その名も『なんにも考えたくない日はスープかけごはんで、いいんじゃない?』。 平たくいうと、ごはんに汁をかける「ねこ…

【結果発表】noteの読書感想文投稿コンテスト「#読書の秋2020」

2020年10月から約1ヶ月にわたり開催した読書感想文投稿コンテスト「#読書の秋2020」。コンテスト全体で9,581件、ライツ社の課題図書には53件(※)の投稿がありました。た…