ライツ社 航海日誌

31

カメラマンはホームレスのおっちゃんたち!写真集出版で支援の輪を広げたい。

世の中にある誤解や偏見をなくしていくために。「彼らの世界を見る視点」が「世界が彼らを見る視点」に変化を与えることを願って。
大阪で暮らすホームレスのおっちゃんたちが「写ルンです」で撮影した写真集を実現するため、ご支援と拡散のご協力を、ぜひお願いします。

3/23に大阪の認定NPO法人Homedoor(ホームドア)と写真集の出版クラウドファンディングを立ち上げました。私たちは本が持つ可能性を少しず

もっとみる
「write,right,light」。書く力で、まっすぐに、照らす
52

おそらく出版社の中でもっともnoteに特化したHPが誕生しました。

先日、ライツ社のHPをリニューアルしました。

ぜひリンクから飛んでみてほしいんですが、結論から言うとnoteとの親和性が格段に上がりました。

書籍ページからnoteに書けます

書籍の紹介ページでは、表紙などの画像がダウンロードができ、「noteに書く」のボタンを押せば、すぐにnote編集画面に飛びます。

こんな感じでnoteにログインしていれば、すぐに下書き編集画面に飛びます。

ちなみに

もっとみる
ありがとうございます!おすすめの本『リュウジ式 悪魔のレシピ』
103

【オンライン】文化通信11/19とnote11/25に登壇します

ありがたいことに文化通信社さんとnoteさんからお声がけいただき、11月に2つのトークイベントに出演します。

●11月19日(木)〈文化通信セミナー〉重版率60%のライツ社に見る出版社の可能性

マスコミ業界を専門に扱う業界紙「文化通信」さんが開催するセミナーに、おそれ多くも講師としてお呼ばれしてしまいました。創業からのことを赤裸々にお話しする予定です。

〈文化通信ページより転載〉ーーー
重版

もっとみる
ライツ社は兵庫県明石市にある出版社です
29

編集者と料理研究家が交わした、たった1つの約束

料理レシピ本ジャンルの「本屋大賞」

2020年9月8日(火)、「料理レシピ本大賞 in Japan 2020」が発表され、ライツ社の『リュウジ式 悪魔のレシピ』が大賞に選ばれました。

この賞は、全国の書店員の投票によってその年の「BEST料理本」が選ばれるもので、「本屋大賞」のレシピ本版のような賞です。

創業4年、社員数5名、兵庫県明石市の小さな出版社の本を、大賞として選んでいただけたこと。

もっとみる
ライツ社は兵庫県明石市にある出版社です
387

ライツ社の編集者募集に、71名からのご応募がありました。

8月のお盆前に呼びかけた、ライツ社で初めての編集者募集ですが、ありがたいことに、5人の会社に71名もの方からご応募をいただきました。この場をお借りして、御礼申し上げます。

エントリーフォームを読み、面接にてお話したいと思った方には随時ご連絡させていただきますので、すこしお待ちくださいませ。

エントリーフォームには、「なぜライツ社なのか」「ライツ社でどんな本をつくりたいか」「ライツ社への質問」と

もっとみる
本とは凍りついた心を解かす光です
56

(全国どこでもリモート可!)創業して初めて、書籍編集者を募集します。【※締切済】

ライツ社は、2016年9月に創業した、いま日本で最も新しい出版社の1つです。拠点は、タコと明石焼きで有名な兵庫県明石市にあります。(でも、東京でも全国どこでもリモート可!)

これまでの刊行点数は4年間で26点。うち、10万部以上が1点、5万部以上が2点、3万部以上は3点。そして重版率は65パーセントです。各ジャンルの書籍グランプリでも2度、入賞しています。

実用書、ビジネス書、芸術書、文芸エッ

もっとみる
私たちの挑戦自体が、明るいニュースになると信じて
267

社員5名の小さな出版社の本が、カズレーザーさんに紹介されて、Amazon総合1位になった話

7月26日の日曜日、日テレ「シューイチ」でカズレーザーさんに本を紹介してもらい、ライツ社として初めて、Amazon総合1位を獲得しました。

つまり、瀬戸内の、端っこの、明石の、小さな小さな出版社の本が、その日、日本でいちばん売れたということです。

これは夢なんでしょうか。

紹介されたのは『毎日読みたい365日の広告コピー』という本です。

番組HPにもアップされています

Amazon「本の

もっとみる
4人でやっている小さな出版社です
185

料理レシピ本大賞 in Japan2020に、エントリーしました!「 リュウジ式悪魔のレシピ」

書店員が今、一番売りたい料理レシピ本を決める「料理レシピ本大賞 in Japan」。各出版社から、なんと123タイトルもの本がエントリーされ、第一次投票が始まっています。

「こんなレシピ本あったんだ!」

まずは、読者のみなさんへ。

この賞へのエントリー作品、実はリストで見れるようになっています。ちらっと覗くだけでも「こんなレシピ本あったんだ!」という発見があるかと思うので、興味のある方はぜひ

もっとみる
私たちの挑戦自体が、明るいニュースになると信じて
25

#読者が選ぶビジネス書グランプリ2020 に『売上を、減らそう。』がノミネートされました。

12月16日(月)から読者投票が始まった「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」にライツ社の『売上を、減らそう。』(中村朱美)がノミネートされました。

ビジネス書グランプリとは?

「グロービズ経営大学院」と本の要約サイト「flier」が主催する、ビジネスパーソンが「読むべき本」を選出するコンテストです。

ビジネス書グランプリは、ビジネスパーソンの読書習慣を育てて出版業界を盛り上げたいという

もっとみる
「write,right,light」。書く力で、まっすぐに、照らす
34

みんなのフォトギャラリーにライツ社の全タイトルの書影を登録しました

先日投稿した、「インターネットと新聞をつなぐ広告、という試み」。サイボウズ式ブックス第1弾『最軽量のマネジメント』の日経新聞全面広告に、noteに投稿された書評をそのまま掲載させていただきました。

こちらの取り組みはnote公式にも取り上げていただき、note上にある書評記事の新たな可能性について言及していただき、大きな反響がありました。

一方で、noteのディレクター平野さんがこんなツイート

もっとみる
ありがとうございます!おすすめの本『売上を、減らそう。』
26