ライツ社応援の声

24
ノート

続、活きがよくてがっちり売れてる若い出版社は案外あるんだけど、あんまり話題にならな...

以前、こんな駄文を書きました。 活きがよくてがっちり売れてる若い出版社は案外あるんだけど、あんまり話題にならなかったりするんだよね。  今回も...

#売上を減らそう

いやー、「売上を、減らそう。」おもしろかった。いい本だった。 お店をやりたい人だけじゃなく、フリーランスにも役立つ「大手にはできないやり方」の...

「売上を減らそう。」から考える、自分の働き方。 さあ、何を捨てよう。

こんにちは、藏屋景子です。 書籍「売上を減らそう。」は、 ・ランチのみのステーキ丼専門店 ・100食限定 ・残業なし ・なのに給料は百貨店なみ こん...

おすすめ“フード系”ノートをご紹介

noteでは様々なテーマの投稿が毎日集まっています。今回は「フード」に関するnoteを紹介します! レシピや思い出の味、料理や食文化に関する考察など、...

売上を減らすと良いことがあるか考えてみるnote

こんばんは。yuya工房です。 今日は読書感想。 私の消費動向をお見通しのamazon先輩にオススメされた1冊。 さすが、先輩、わかっていらっしゃる。 ...

9/18の朝食 | 安心

□トマトと豚肉のスープ □ラマダン明けの茄子とゴマのペースト □食パンの耳 □コーヒー ペーストは「全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ | 本山尚...

はじめての上司、本の意義

明石にある出版社、ライツ社のnoteに、あの人が登場していた。 わたしのはじめての上司である、ダイヤモンド社の井上直さん。相変わらず日焼けがすごい...

長い前置きと、おしらせと。

週明けの月曜日、『嫌われる勇気』に重版がかかった。 けっこうな大部数の重版だ。それだけ刷っても大丈夫、と思われていることもうれしいし、いまでも...

ぶかぶかの衣装ー「売上を、減らそう。」を読んで

どんなに売れても1日100食限定のお店「佰食屋」。その理念やビジネスモデルについて書かれた「売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義から...

社員を犠牲にしてまで、追うべき数字なんてない

構成を担当した中村朱美さんの著書『売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放』が6月14日に発売されました。 著者の中村朱美さんは...