ライツ社応援の声

49
DRAG QUEEN - No Light, No Queen- ヨシダナギ あとがき英訳

DRAG QUEEN - No Light, No Queen- ヨシダナギ あとがき英訳

前の投稿で「小説翻訳したいー!」「出版翻訳なんて金にならないー!」と言っておきながら、年に数本は出版翻訳のお仕事をいただいています。ありがとうございます。 今回はヨシダナギさんの『DRAG QUEEN -No Light, No Queen-』のあとがきを英訳させていただいてます。 初めて彼女の作品を知ったのはいいオフィス上野でのことした。スリ族の写真が飾ってあって、「素敵な絵〜」と思って近いて見たら写真だったんです。カラフルで迫力があって、見たことがない構図で「すごいー

10
飲食店の実情を踏まえた上でホワイト企業に仕立て上げた事実に驚愕する。『 #売り上げを、減らそう 』中村朱美(佰食屋)出版:ライツ社 @writes_P

飲食店の実情を踏まえた上でホワイト企業に仕立て上げた事実に驚愕する。『 #売り上げを、減らそう 』中村朱美(佰食屋)出版:ライツ社 @writes_P

世の中、働き方改革だなんだと耳に入ってくるのは、旗印の掛け声だけ。 実際には業務改革のツールを導入したところで、導入しなくても回る仕事だったり、早く帰れるような仕組みにしたとしても帰らなくてもいいと考える社員がいたりと「誰の幸福度を上げるため」に、こんな掛け声をかけているのかと思う。 中でも飲食業界は、ぼくを含めた、我々「客」が足を運ぶ・在籍する限りは相手をしなければならない業態でもあり、ぼくは実家が飲食店を経営していたため、その実態はイヤというほど目にしてきた。 だか

17
【おうち時間の使い方】もし私が新卒1年目に戻ったら、全力ですすめたい神書 6選

【おうち時間の使い方】もし私が新卒1年目に戻ったら、全力ですすめたい神書 6選

現場をガッツリ経験したからこそ、今の仕事から逆算してちょっとくらい参考になる情報は出せそう この文章は、現職で営業→チームマネジメント→事業推進→マーケティングを経験してきた私が、これから一緒に活動する1年目の仲間たちに向けてレコメンドしたい書籍をまとめてみたものです。 なぜわざわざnoteに…の理由ですが、少なくとも私が同じチームで関わる仲間たちには、その会社でしか活躍できないような狭き人材にはなるな!を声を大にして伝えたいからです。(あとは毎年聞かれるのでどっかにまと

16
哲学入門書の紹介

哲学入門書の紹介

立正大学文学部哲学科のフェイスブックページに掲載した、哲学入門書の紹介を転載いたします。 (1) 物語形式の哲学入門書  まずは比較的楽しく簡単に読むことができる、物語形式の入門書を三冊紹介いたします。 ①原田 まりる『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』 ダイヤモンド社  現代に転生(?)したニーチェと議論することで成長していく姿を描くジュブナイル小説。イケメンのキルケゴールや大学教授のハイデガーも出てきます。 ②さくら剛『(推定3000歳

5
僕は死ぬまで出版社の可能性を追求したい。 | ライツ社 髙野翔さん

僕は死ぬまで出版社の可能性を追求したい。 | ライツ社 髙野翔さん

こんにちは! ネクスウェイの小堤(こづつみ)です。 ネクスウェイがメインで提供している、FAXやメール、郵送DMを送れるツール「NEXLINK」。 さて今回の記事はテーマを新たに、『NEXLINKをつかうひと』と題して、ユーザーさんのことをもっと知ってもらいたいと思っています。 と言いつつFAXの使い方や、いわゆる事例のようなことは一切でてきません。そちらを期待される方はまたの機会でご容赦ください。(笑) シリーズ『NEXLINKをつかうひと』 第一回はこの人。株式会社

23
段ボール箱、80か90

段ボール箱、80か90

ライツ社様の本棚リレー、いいなあ、楽しかろうなあ、と思いながら、いやお前もやりゃいいじゃん、リレーすればいいじゃん、ということにもなりますし、だがあたくしの保有する本がですね、引っ越し作業中ということで段ボールにけっこう入れてしまって。 こんなんなってて。業者さんには段ボールを大小100個以上もらってやってる。そのうち80か90は本の箱になりそう。いま手元にカメラがないんでiPadで撮ってるんですけど、画質悪いですけど無理やり参加してみます。 まだ段ボール箱に入れてないも

10
遅ればせながら、私も本棚リレー

遅ればせながら、私も本棚リレー

外出自粛で本屋さんに行って直接本棚を見てまわることはできないけど、みんなの部屋の本棚を見ながら「本との接点」が増えたら嬉しいとライツ社さんが始めた本棚リレー。 私もやってみることにしました。 我が家には、狭いうちに似合わず立派な本棚があります。 実家を片付けたときに、苦労してトラックで運んできました。 前側の棚が左右にスライドして、たくさん本が収納できるbookmanという優れものです。 以上、本棚を紹介する本棚リレーでした。 なんちゃって、本棚の紹介で終わっても

7
本棚リレーやってみました

本棚リレーやってみました

#本棚リレー というハッシュタグを見ました。大元はこちらの記事らしい。 出版社さんなのでした。noteもあるけど、サイトもとてもいい感じ! 本好きとしてはチェックを入れたくなるね~と見ていたら、なんと今の社会状況がこんなだからと出した本の全文公開をされていました。すごいこれ、全文公開だけど絶対買うわ! 手元にほしいわ!!! そんな出版社さんを起点に本棚をさらすリレーが行われていて、これ勝手にやってもいいのかなあと逡巡していたら、noteにいる数少ないリアル友人のもーやんが

12
1日1日にメッセージがある

1日1日にメッセージがある

「毎日読みたい365日の広告コピー」という広告コピー集。 読書と呼ぶには若干ズレる気がするが、物凄くお気に入りの本なので「#読書感想文」として紹介する。 この本は、タイトル通り1月1日から12月31日まで、その日・季節に合った実際の広告コピーが365ページ分載っている。 因みに広告コピーとは、商品やサービスのポスター等に書いてある言葉のこと。有名なもので言うと、JR東海の「そうだ、京都へ行こう」あたりは日本人の9割は知っているのではないだろうか。「そうだ、京都へ行こう」には

12
リモート期に料理初心者が読んでリアルに役立った本・7選

リモート期に料理初心者が読んでリアルに役立った本・7選

外食一辺倒だった自分が料理に目覚めた。元来食いしんぼうなので美味しいモノが食べたい。けど今は外食もできないし、テイクアウトするにも外出めんどうだな…どうしたものか…。でも今って時間だけはたっぷりあるな?  じゃあ作ってみようかな、という軽い感じで料理してたらハマりました。学生時代もお金がなくて自炊をしていた時期ありましたが、今は楽しんで料理をしている。この変化は凄く大きいな~と。 今なんとなーく料理に興味を持ちかけている人の参考になったら嬉しいです。Kindle unlim

13