見出し画像

「カオラウ」_フォーよりもこっちを食べてほしい! ベトナム版カレーうどん|世界のお菓子(食)を巡る旅#3

ベトナムを代表するヌードルといえば!
「フォー」ですよね。

でも今回は「フォー」ではなく、わたしがベトナムで虜になった「カオラウ」のお話。

「カオラウ」は、ベトナムの北部の町ホイアンやすぐ近くのダナンで食べられている麺料理。歯ごたえのある少し幅広の麺は、フォーと同じく米粉でつくられている。スープは醤油ベースにカレーの風味をプラスオン。具材は豚肉や野菜、その上にパクチーやハーブなどの香味野菜をたっぷりのせて、さらにお店によっては煎餅や揚げた春巻きの皮のようなものをトッピング。仕上げはお好みでライムを絞り、混ぜながらがっつりいただく。

なんとなく想像ついているとは思いますが「日本のカレーうどんのベトナムバージョン」といったところだろうか。

実はあながちその表現は間違っていない。

というのも、実はホイアンは、徳川家康に政権が移ったころから、日本人の商人が多く行き来してたそう。その商人がうどんを持ち込んだのが始まりとも言われている。日本とのつながりを名物料理から感じられる一杯なのだ。ベトナム風バケットサンドである「バインミー」と並んでお気に入りの料理となった「カオラウ」。バカンスでホイアンやダナンに行ったらどうぞお試しあれ。

わたしが初めて「カオラウ」を食べたのはホイアンで泊まったゲストハウスでの朝ごはん。

家族経営のゲストハウスは、とてもアットホームだった。共有スペースに行くとそっと手招きをしてくれて、家族のおやつの焼きたてのパンケーキをおすそわけしてくれたり、わたしがチェックアウトするときには「バスの中でこれ食べなさい」とお菓子とお水を渡してくれたり、本当に家族の一員のように接してくれた。毎朝寝ぼけ眼のわたしに、朝ごはんどうする? とママがやさしく声をかけてくれた。そこで「カオラウ」か洋風スタイルか選べたのだけれど、初日に「カオラウ」を選んでみたらその美味しさにハマってしまった、というわけだ。

ホイアンに帰ったら、また会いに行かなくちゃ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版業界を新しくしたい。もっと良くしたい。読者と、書店と、友達のような出版社でありたい。「本ができること」を増やしたい。いただいたサポートは、そのためにできることに活用させていただきます。

創業の夜は雷雨でした
19

ライツ社

2016年創業。海とタコと本のまち「兵庫県明石市」の出版社です。writes.right.light「書く力で、まっすぐに、照らす」を合言葉に、ジャンルにとらわれず本をつくっています。 https://linktr.ee/writes_p

ライツ社マガジン

ライツ社の周りにいる、普段は作家でもなんでもない(でもとてもおもしろいことをしている)みなさんの記事を連載。 2018年12月現在の連載タイトル ・「世界のお菓子(食)を巡る旅」菅野つばさ ・「平屋私庭日記」大阪の若手庭師 中山智憲
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。