見出し画像

全国の書店員が選ぶ、その年のBEST本。「料理レシピ本大賞2020受賞作」が発表されました!

昨日、全国の書店員の投票によって選ばれる、その年のBEST料理本。全123点のエントリー作品の中から、「料理レシピ本大賞2020受賞作」が発表されました。気になるそのリストは・・・

【料理部門】大賞

リュウジ式 悪魔のレシピ(リュウジ)ライツ社

画像1

【準大賞】

藤井弁当(藤井恵)学研プラス

画像3

【入賞】

e-MOOK syunkonカフェごはん レンジでもっと! 絶品レシピ(山本ゆり)宝島社

画像5

朝10分でできる スープ弁当(有賀薫)マガジンハウス

画像6

力尽きレシピ(犬飼つな)光文社

画像5

【こどもの本賞】

おにぎり(平山 英三・平山 和子)福音館書店

画像6


【エッセイ賞】

頑張らない台所(村上祥子)大和書房

画像7

【コミック賞】

私でもスパイスカレー作れました! (こいしゆうか・印度カリー子)サンクチュアリ出版

画像8

【お菓子部門】大賞

材料2つから作れる! 魔法のてぬきおやつ(てぬキッチン)ワニブックス

画像10

準大賞

志麻さんの気軽に作れる極上おやつ(志麻)マガジンハウス

画像10

【特別選考委員賞】

フライパン煮込み(若山曜子)主婦と生活社

画像12

本日より、全国の書店で「料理レシピ本大賞フェア」が展開されています。

【料理部門】大賞『リュウジ式悪魔のレシピ』に書店員から寄せられたコメント

ページをめくりながら、えー!とかほんまー!とかマジでー!とか言ってしまうレシピ本、なかなかありません。市販のお菓子やカップスープを使うものは、実験のようでやってみたい。それぞれのネーミングもユニークです。
作りやすい!今、一番勢いのある料理研究家リュウジさんのイチオシ本。実際、何品か作ってみましたが、簡単で美味しかったです。これから一人暮らしをする方にプレゼントしたいです。
美味しいもの食べたい人間のかゆいところに手が届く 悪魔の言うことってやっぱりおいしいなあ
胃袋に限界がなければ無限に食べられそうなレシピ、流行りですがやっぱりおいしそうです。
低糖質なのに簡単で美味しい。今まで見たことないレシピばかり。
お料理しました!感がクセになる。
天使もあるので安心です。
普段料理をしない人でも「これなら作れそう!」と思えるぐらい手順が簡単。しかも美味しそう。初心者にもオススメできる。
老若男女を問わず大人気、リュウジさんのバズりまくりのレシピブック。自粛期間中、献立に困ったお母さんのアシストをしてくれました。
タイトルだけでなく、レシピの名前も面白い。美味しそうな料理本は数あれど、面白い料理本は珍しい。人の食欲をくすぐる悪魔のささやき。これぞ正に悪の教典。悪魔の誘惑にページをめくる手がとめられない。
悪魔のように美味しいのにさらに低糖質は嬉しい!
忙しい現代人にピッタリだと思いました。
これはキケン。おいしくて簡単で、でもこれってもしかしてカロリーが……。でもやっぱりおいしい。さすが悪魔、ニンゲンの弱いところをよく知っている。
「悪魔の万能ネギ」さえあれば、いつもの料理もちょっと手が込んだ風に!たまりませんねー じゃがアリゴはキャンプ飯としてもアリ!キャンパー仲間で楽しんでます。
1ページで1メニューだし、工程が無茶苦茶少ないし、だけど美味しい。こんなに簡単に作れていいのか!と思ってしまうほど、男の僕でも楽に料理ができたので投票!
これ以上食べてはいけないと、自分を止めないといけないのですが…このレシピ達は本当に悪魔です。
ステイホームの強い味方。どれも美味しい。名前の割りにヘルシー。味はやや濃い目。
こんなことやっていいのかな、でも絶対美味しいだろうな…そんなレシピが読者を悪魔的にキッチンへ誘います。
本のタイトルから想像するとボリュームのある料理ばかりかと思いましたが、低糖質な料理も豊富に紹介されているので幅広い人におすすめの本だと思いました。
黒の表紙に悪魔・・およそレシピ集とはかけ離れた装丁が目を惹きます。おそるおそるページをめくると・・悪魔?!いやむしろ天使なのでは?なレシピの数々!そして、リュウジさんが書かれた《はじめに》はまさに天使!「母親ならポテトサラダくらい・・」との暴言に心を痛めたお母さんたちに読んでもらいたいと思いました。わたし自身もとても励まされました。ありがとうございます。
圧倒的に食材と手順が少ないので、遅く帰ってぐったりしていても、作る気になる。そして、ちゃんと美味しい。
大好きです。いくつか作って見たら美味しかったです。作ろうと思えるハードルの低さが良い。
リュウジさんの人生頑張っている人に応援する、このレシピ本は体によく最短で人間をダメにするくらいの素晴らしいレシピ本。

ぜひ、お近くの書店に足を運んでみてください。まだ見ぬ美味しくて新しいレシピが、みなさんをお待ちしています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

出版業界を新しくしたい。もっと良くしたい。読者と、書店と、友達のような出版社でありたい。「本ができること」を増やしたい。いただいたサポートは、そのためにできることに活用させていただきます。

2016年9月7日に創業しました。まだまだヒヨッコです
29
2016年創業。海とタコと本のまち「兵庫県明石市」の出版社です。writes.right.light「書く力で、まっすぐに、照らす」を合言葉に、ジャンルにとらわれず本をつくっています。 https://linktr.ee/writes_p

こちらでもピックアップされています

明るい出版業界紙(β) on note
明るい出版業界紙(β) on note
  • 38本

誰でも読める出版業界紙です。出版業界のおもしろい取り組みやインタビューを中心にアップしていきます。本に関わる方はもちろん、業界以外の方に広く親しんでもらえたら嬉しいです。記事を書きたい方も募集中です!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。