ライツ社
【1/10まで】感動した推し本をあなたの1票で広めて。「読者が選ぶビジネス書グランプリ」
見出し画像

【1/10まで】感動した推し本をあなたの1票で広めて。「読者が選ぶビジネス書グランプリ」

ライツ社

2021年も残すところあとわずか。今年もたくさんのビジネス書が出版されましたが、そのグランプリを決める賞が「読者が選ぶビジネス書グランプリ」です。

そもそも、ビジネス書が役に立ったかどうかは読者が評価すべきでは? というコンセプトのもと、一般の読者投票でグランプリを決定しています。そして、今年度の一般投票はすでにはじまっています!

ビジネス書って幅広い

「ビジネス書」といっても幅が広く、エクセルなどの経理の本から、教養を高める人体の本までいろいろ。今年度は以下の6部門からそれぞれ賞を選び、最後に総合のグランプリを決めます。

「イノベーション」
「マネジメント」
「政治・経済」
「自己啓発」
「リベラルアーツ」
「ビジネス実務」

各部門のエントリー作品はこちらから見ることができます。
https://business-book.jp/entry/list

ライツ社のノミネート書籍

2022年度はライツ社からも2書籍がノミネートしております。
イノベーション部門
『マイノリティデザイン』

リベラルアーツ部門
『認知症世界の歩き方』

受賞作は全国書店で展開

画像は読者が選ぶビジネス書グランプリ公式HPから引用

発表後は総合グランプリと各部門賞の受賞書籍を集めた書店フェアが開催されます。昨年(「読者が選ぶビジネス書グランプリ2021」)は全国約1,000店の書店にてフェアが開催されました。

2020年度にイノベーション部門賞を受賞した『売上を、減らそう。』は総合で2位、受賞によって数百店舗でフェア展開が決定し、4,000部重版することができました。

好きな本の世界を広めよう

自分が読んで「感銘をうけた」「感動した」「困りごとに対して一歩踏み出そうと思えた」。そんな好きな本の世界が広まって、また違う誰かを勇気づけたりする。自分の1票がその後押しになるって嬉しいことだと思いませんか? そして、この「読者が選ぶビジネス書グランプリ」はそれが実際にできる賞です。

ライツ社に届いた『マイノリティデザイン』のアンケートはがき(画像を押すと拡大されます)
ライツ社に届いた『認知症世界の歩き方』のアンケートはがき(画像を押すと拡大されます)

お願いします、全部ライツ社に入れて!なんてことは言いません。自分の好きな本、推したい本に1票を入れてくれたら嬉しいです。

投票方法

【1】 投票は1部門につき1人3票まで
【2】 ひとつの書籍に、複数票入れることはできません
【3】 投票した書籍の中から、最後に総合グランプリ候補を1冊選択してください

投票はこちらから。メールアドレスがあれば誰でも投票可能です。

■「読者が選ぶビジネス書グランプリ」とは
「読者が選ぶビジネス書グランプリ」は、その年に発売されたビジネス書のなかから読者(=ビジネスパーソン)が投票し、「読むべき本」を選出するコンテストです。ビジネスパーソンの読書習慣を育てて出版業界を盛り上げたいという思いから創設されました。
昨年の「読者が選ぶビジネス書グランプリ2021」では、出版社59社からの応募に加え、フライヤーとグロービス経営大学院らが推薦した書籍を合わせた119冊がエントリーしました。その中から、『シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成』(安宅和人著、ニューズピックス出版)が総合グランプリに輝き、その他受賞作品とともに全国約1,000店の書店にてフェアが開催されました。

投票期間
投票は2021年12月13日(月)から2022年1月10日(月)まで受け付けております。

結果発表
投票結果を集計し、2022年2月15日(火)に発表授賞式を行います。
関係者様にご参加いただき、オンライン配信にて結果を発表いたします。
受賞書籍は全国の書店でフェアが展開されます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ライツ社

出版業界を新しくしたい。もっと良くしたい。読者と、書店と、友達のような出版社でありたい。「本ができること」を増やしたい。いただいたサポートは、そのためにできることに活用させていただきます。

ライツ社
2016年創業。海とタコと本のまち「兵庫県明石市」の出版社です。writes.right.light「書く力で、まっすぐに、照らす」を合言葉に、ジャンルにとらわれず本をつくっています。 https://wrl.co.jp