見出し画像

印刷屋さんの星屑、量り売りします。

京都の印刷会社がはじめた「星屑パッケージ」という商品。とにかく紙が可愛くて、キラキラしているんですが、実は印刷過程で出てしまう余り紙を無駄にしない素敵な試みでした。


印刷屋さんの星屑

「紙出(しで)」という言葉をご存知でしょうか。

まちがって注文した紙
断裁して使えなくなった紙
半端な枚数で売れなくなった紙

こうした印刷の現場で毎日のように出る余り紙のことです。倉庫の片隅に追いやられたり、リサイクルに出されて再生紙に生まれ変わったり。でもせっかく質の良い紙として生まれたのに、使われないまま廃棄するのはもったいない。

そこで使われなかった紙出をアソートしたのが「星屑パッケージ」。

1グラム = 2円。どのパッケージも内容が違って、一つとして同じものはないそうです。

作ったのは京都の印刷屋さん 修美社

紙は自然からのいただきもの。たくさんの人の手を経て、私たちのもとに辿り着きます。それなのに印刷のために、紙が犠牲になっていく―。そんな紙出を減らしたい、それが私たちの想いです。
https://syubisya.co.jp/shide/(紙出の話し|修美社)

修美社さんはつい先日創業60周年を迎えた京都の印刷会社です。会社の2階に「PRINTING Lab.」を作って世界のおもしろい本を展示したり、特色印刷の体験を開催したり、「おもしろい」をキーワードに活動中。ぜひHPものぞいてみてください。

「星屑ノート」も人気

ふぞろいの星屑をあつめて束ねたノートです。一冊一冊中身の違うノートで、使うたびに新たな発見がありそう。

修美社さんのPRINTING Lab.では「星屑ノート」のワークショップも開催予定です。

「星屑パッケージ」「星屑ノート」は修美社さんのECサイトでも購入できます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

出版業界を新しくしたい。もっと良くしたい。読者と、書店と、友達のような出版社でありたい。「本ができること」を増やしたい。いただいたサポートは、そのためにできることに活用させていただきます。

「write,right,light」。書く力で、まっすぐに、照らす
92
2016年創業。海とタコと本のまち「兵庫県明石市」の出版社です。writes.right.light「書く力で、まっすぐに、照らす」を合言葉に、ジャンルにとらわれず本をつくっています。 https://linktr.ee/writes_p

こちらでもピックアップされています

明るい出版業界紙 on note(β)
明るい出版業界紙 on note(β)
  • 35本

誰でも読める出版業界紙です。出版業界のおもしろい取り組みやインタビューを中心にアップしていきます。本に関わる方はもちろん、業界以外の方に広く親しんでもらえたら嬉しいです。記事を書きたい方も募集中です!

コメント (4)
素敵な記事!
星屑ノート、見たくなりました!(●´ω`●)
文房具好きにはたまらないのではないでしょうか?
わたしも欲しいと思いました
素敵ですね。欲しくなりました。
山田スイッチさん
星屑ノート気になりますよね😄

たゆ・たうひとさん
たまらないやつですね!🤤

転妻ライフさん
ほんとに素敵ですねー!✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。