見出し画像

新書籍の入稿間近!表紙デザイン案を特別に公開しちゃいます|TABIPPO.NETより

この記事はライツ社と本づくりをしている、TABIPPOの記事を転載しています。
TABIPPOとは:
全員が世界一周を経験したメンバーが「旅で世界を、もっと素敵に」を合言葉に、さまざまな事業を展開。旅を通して人生を豊かに、そしてこの世界がよりよいものになることを目指しています。

普段はライターとして、記事を書いたり編集をしている阿部サキソフォン(@mnooooom)です。この数ヶ月はそれだけでなく、PAS-POLの新書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」の制作もお手伝いしていました。

これが大変のなんのって。まず死ぬまでにしたいことを2000個書き出すことが大変だし、そして写真も集めなきゃいけないし、作業していると「え、ここどこ……」なんて知らない場所もたくさんあるし。

昨年10月から企画が始まった本書籍、いよいよ表紙のデザインを決定するところまできました! 今回は本のこだわりやおすすめポイント、そして表紙デザイン案まで紹介します。

目指したのは、旅の大辞典

この書籍を作る上で、出てきたのは「旅の大辞典」という言葉。読んでわくわくすることはもちろん、次に行きたい場所や挑戦したいことが見つかるような、そんな一冊にしたい。

ほかのどのガイドブックとは違う、心震えるような絶景や非日常を感じられる「旅の大辞典」を目指し、世界中の素敵な景色やグルメ、体験を探し2000個集めて本にまとめました。

見た目も辞典っぽく、各大陸がインデックスになって並んでいます。「次はオセアニアに行きたいから、このページから見てみよう」「アフリカではどんな体験ができるのかな」など、本の楽しみ方はあなた次第です。

どんなルートで載るの?

書籍の掲載順はアジア、オセアニア、中東、ヨーロッパ(北極)、アフリカ、北米、南米の順になる予定。西回りで世界をぐるっと回れる順番に並べられています。

また旅人に人気の国には所要日数や最低料金も記載しているので、旅行の計画を立てる際にも活躍する予感。興味のあることや行きたいスポットを本から探し、あなたの人生のバケットリスト(死ぬまでにしたいことリスト)を達成していきましょう。もちろん、バケットリストの作り方も載っていますよ!

それぞれの項目には、チェックボックスもついています。実際に夢を叶えたら、そこに印を書き込んであなたオリジナルの辞典にしてください。

厚さ約3センチのボリューム!

書籍の大きさは、実際の辞典と同じ大きさのA5サイズ。この世界でしたいことが2000個も詰まっているので、厚さは約3センチとかなりのボリュームです。

携帯電話と比べると、このくらいの大きさ。

「辞典を最初から読むのが趣味なんです」という方のお話をたまに聞きますが、何が面白いんだろう……と正直疑問に思っていたわたし。単語がつらつらと並んでいるだけで、面白味がないよなあと思っていました。

しかし、この「死ぬまでにしたいこと2000」は、読んで楽しめる旅の大辞典になっています。なぜなら、やりたいこと・行きたい場所などが、実際に体験した旅人の意見を基にまとめられているから。

「木漏れ日があふれる『愛のトンネル』で手をつないで永遠の愛を誓い合う」(ウクライナ)や、「絶景『ホースシューベンド』を見下ろす背中をカッコよく自撮り」(アメリカ)など、スポットだけでなくそこでやりたいこと、誰と行きたいかなど具体的に紹介されています。

きっと読みながら、旅行の妄想が広がるはず。

表紙デザインで試行錯誤中……

そして今、悩みに悩んでいるのが表紙のデザイン。どんな色合いなら手にとってもらえるだろうか、書店で並ぶ際に目を引くデザインはどれか、ここ何週間も頭を悩ませています。

この写真を撮影したのは先週。ちなみにこのデザインからまた大幅に修正が加わり、最新の表紙デザイン案はこちら!

右にインデックスを追加したり、帯の写真を変えていくつかパターンを作ってみたり。この中から1つを選び、11月には実際に店頭に並ぶことになります。

そしてTABIPPOの公式SNSでは表紙アンケートを実施。なるほど、このデザインが一番人気なんですね……ふむふむ。参考にさせていただきます!

どちらのデザインが採用されたのか、次回の記事でお伝えできるかどうかはわかりませんが……楽しみにしていてくださいね!

PAS-POLのちゅうやん(@misakiki3894 )は日々白目を向きながら、制作作業をしています。もし見かけたら、優しく声をかけてあげてください。

気になる発売日は?

皆さん気になる新書籍の発売日は、11月9日!今はまだAmazonのページも表紙画像もなく寂しいのですが、もうすぐ差し込めるはず……。完成形をお見せできるまで、もう少しお待ちください!それでは、また次の記事でお会いしましょう!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版業界を新しくしたい。もっと良くしたい。読者と、書店と、友達のような出版社でありたい。「本ができること」を増やしたい。いただいたサポートは、そのためにできることに活用させていただきます。

私たちの挑戦自体が、明るいニュースになると信じて
7

ライツ社

2016年創業。海とタコと本のまち「兵庫県明石市」の出版社です。writes.right.light「書く力で、まっすぐに、照らす」を合言葉に、ジャンルにとらわれず本をつくっています。 https://linktr.ee/writes_p
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。