見出し画像

すべての広告コピーは人の幸せを願って書かれている

“うまれたばかりの誰かへ。こどもまっ最中の誰かへ。大人の誰かへ。親になった誰かへ。すこしだけ自信をなくした誰かへ。つよくなりたいだれかへ。すべての広告コピーは人の幸せを願って書かれている、は岩崎俊一さんのことば。” Instagramアカウント@sunanohaneより

(以下文、編集担当:大塚)

3月1日(金)、ライツ社より『ずっと読みたい0才から100才の広告コピー』が発売されます。

「0 才から100 才まで、年齢にぴったりの広告コピーを並べたら、すごい本ができるかもしれない」。 
そう思い立ち、制作を開始したのは今からちょうど1 年前、2018 年2 月のことでした。 そこから、まる1 年をかけ200 個以上の広告コピーを集め、 広告企業そしてコピーライターの皆様に1 件ずつ連絡をとり、許可取りを行い、完成したのがこの本です。 

わたしは広告コピーが大好きです。
もともと、広告コピーとはある商品や企業の魅力を伝えるために考えられたものですが、 その中には、ただ消費を促すための言葉ではなく、人生に気づきや希望を与えてくれる言葉がたくさんありました。 

ただ、そのほとんどはある一定期間にしか掲載されず、しかも、見ることができるのも一定の場所だけ。 そんな広告コピーの数々を一冊の本にして、いつでもどこでも読んでもらうものにできたなら。
 誕生、入学、卒業、就職、結婚、出産、出会い、別れ……。 様々なステージを思い出したり、未来を思い描いたり、人生を大切にするきっかけになるのではないか。
そんなことを思って、この本をつくらせていただきました。

この本の編集が終わりに近づいたとき、わたしはこう思いました。 

「0 才から100 才の広告コピーって、つまり、『一生』を表したものなんだ。」 「人が生まれてから死ぬまで、忘れてはいけない大切なことを広告コピーは教えてくれる。」 

まるで、是枝監督の映画のようだと思ったのです。 するとふいにリリー・フランキーさんの顔が思い浮かび、帯を頼みたい、とすぐに事務所宛に手紙とメッセージを送りました。 1 週間後、突然わたしの元に届いたのが、この本の帯に書かれた手描きのメッセージでした。

 「100 年分の言葉が1 行になる。」 その文字を見たとき、震えが止まらず、その日一日、仕事が手につかなくったのを覚えています。

「すべての広告コピーは人の幸せを願って書かれている」と、4年前に亡くなられた日本の代表的なコピーライター・岩崎俊一さんは語られています。この言葉の通り、本書には、長い長い人生を生きるわたしたちにとって、今日を大切に過ごしたくなるコピー、 明日がんばる勇気となるコピーばかりが掲載されています。

【0才】泣きながら生まれてきたキミだからこれから、たくさん笑ってほしい。(グリコ幼児のみもの / グリコ乳業)
【2才】「お前も親になればわかる」は、ほんとうでした。(お仏壇のコガ)
【16才】世界でいちばん好きな道は、あなたに逢いに行く道。(ウィッカ / シチズン)

家族を持ったあなたへ、いま恋をしているあなたへ

【28才】辞めたいと思った数は、乗り越えてきた数。(牛乳石鹼共進)【34才】なんでお母さんは、病気になると「ごめんね」って言うんだろう。(NPO法人バースデー健身)
【44才】昇進は、前進か。(ダーバン / レナウン)
【50才】近頃の若いもんに文句を言っている自分を昔のボクはどう思うだろう。(the Drownerz( 音楽グループ))

働くあなたへ、岐路にいるあなたへ

【65才】シニアとは、起承転結の転にいる人です。(シニアオーディション / 劇団東俳)
【71才】世の中にはいろいろな人がいて、あなたの好きは、だれかの嫌いかもしれない。(JT)
【87才】母の好きな花くらい、飾ってあげたかった。(平安閣一宮( 冠婚葬祭))
【98才】家族は、面倒くさい幸せだ。(信濃毎日新聞社)
【100才】死ぬときぐらい好きにさせてよ(宝島社)

人生に後悔を残したくないあなたへ

ご協力いただいたコピーライターの皆様からもこんなメッセージをいただきました。

“大げさでもなく、この仕事をしていて良かったと思いました。スポットライトを照らしていただき、ありがとうございました。「わたしは広告コピーが大好きです」直球なお言葉がなによりの励みになりました。ありがとうございます。”
“ここにセカンドライフを与えられたコピーたちは幸せものですね。全然バラバラに書かれたものが、ひとつのストーリーになるって、面白い。リリーさんの帯コピーが、また、ウマイ!一冊でも、一人でも、多くの人に読まれることを願っております。”

この本を読み終わったとき、「ずっと読んでいたい」、 「いつまでも手元に置いておきたい」と思ってもらえたら、これ以上の幸せはありません。

『ずっと読みたい0才から100才の広告コピー』、全国書店・ネット書店にて発売開始です。よろしくお願いいたします。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版業界を新しくしたい。もっと良くしたい。読者と、書店と、友達のような出版社でありたい。「本ができること」を増やしたい。いただいたサポートは、そのためにできることに活用させていただきます。

本とは凍りついた心を解かす光です
30

ライツ社

2016年創業。海とタコと本のまち「兵庫県明石市」の出版社です。writes.right.light「書く力で、まっすぐに、照らす」を合言葉に、ジャンルにとらわれず本をつくっています。 https://linktr.ee/writes_p

ライツ社 新刊案内

ライツ社から発売した新刊案内をまとめたマガジンです。
5つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。