ライツ社 航海日誌

7
ノート

7/20,21_全国の出版社が本当に面白い本を持って大集結「BOOK MARKET2019」@浅草に出展します

ライツ社は「BOOK MARKET 2019」に出展します!

11回目となるBOOK MARKET 2019は、前回に引き続き浅草・台東館で開催されます。日本全国から45の出展社が、本当に面白い本を持って大集結します。

日時|2019年7月20日(土)、21日(日)10時~17時
会場|台東館7F北側(地図、住所は下記)
   〒111-0033 東京都台東区花川戸2-6-5

ライツ社ブース

もっとみる
2016年9月7日に創業しました。まだまだヒヨッコです
23

世界ウェブ記事大賞が開催→書籍化へ! WEBメディアと出版社が一緒になってできること

執筆/編集:大塚啓志郎(ライツ社)

縁あって、このたびライツ社は、あるウェブ上の記事コンテストに協賛し、「ライツ社賞」として、特に面白かったエピソードを書籍化させていただくことになりました。(該当なしの場合もあり)。それがこちら。

"検索できない世界を教えてほしい"

世界ウェブ記事大賞とは、世界各地で体験したおもしろい話(記事)を募集するコンテストです。在住者でも旅行者でも、人でも習慣でもグ

もっとみる
4人でやっている小さな出版社です
24

#旅とわたし 募集開始! note公式史上初の「お題企画→みんなの投稿→書籍化」にチャレンジします!

昨日、note公式より以下のリリースが発表されました。

TABIPPO×noteお題企画「#旅とわたし」の作品を募集します!内容は、昔訪れた旅先での思い出や、旅そのものに対するご自身の想いや考えなど、あなた自身が経験した「旅」にまつわることならなんでもOKです。
ハッシュタグ「#旅とわたし」をつけてぜひご投稿ください!募集〆切は6月28日(金)までです。ご応募いただいた中で素敵な作品はのちに、ラ

もっとみる
創業の夜は雷雨でした
41

小さなローカル出版社のフェアが、東京の啓文堂「ほぼ全店」で開催された理由

お声がけをいただき、先週から東京の啓文堂書店25店舗(ほぼ全店)で「ライツ社フェア」を開催されています。

(フェア概要)
期間:5月下旬〜7月15日までの約2ヶ月間
参加店舗数:25店舗
フェア点数:5点〜12点
ライツ社から送付:A4パネル2種(「ライツ社って何?」「メッセージ」)
啓文堂おすすめPOP:書店員さんのおすすめの一冊を手描きPOPに

例えば、鶴川店さんはこんな感じです。

(鶴

もっとみる
私たちの挑戦自体が、明るいニュースになると信じて
32

初版たった4,000部だったレシピ本が「料理レシピ本大賞」を受賞するまで

ライツ社刊『全196ヵ国おうちで作れる世界のレシピ』(本山尚義)が「料理レシピ本大賞2018」において、特別選考委員賞を受賞しました。

「料理レシピ本大賞」とは、全国の書店員が日本一売りたいレシピ本を決める賞で、言い換えるなら、日本一売りたい小説を決める「本屋大賞」のレシピ本版です。
そして、「特別選考委員賞」というのは大賞の次点で、書店員+日本中のプロの料理人が推薦する一冊として選んでいただい

もっとみる
ここには夢があります
23

夏の明石でブックフェア「明石な人たちの一冊」がスタート!

こんにちは、本のまち・明石の出版社ライツ社です。
明石市では、まち全体で本に触れる機会を増やし、本のある文化のまちづくりを目指しています。

そこで企画したのが今回のブックフェア「明石な人たちの一冊」です。

明石に住む人、明石で働く人、明石が好きな人、明石に関わる方々にお勧めの本を選書して頂き、本屋さんでコメントPOPを付けて展開したら、いろんな本や人を知ることができておもしろそうだ。本に触れる

もっとみる
自分が面白いと思える本を大好きな本屋さんに届けて読者に読んでもらいたい
15

自分の好きな本が本屋さんに並ぶ「明石な人たちの一冊フェア」、参加者を募っています

「本のまち明石」です

最初からローカルな話題で恐縮ですが、私たちライツ社が拠点をおく兵庫県明石市は「本のまち」を掲げています。まち全体で本に触れる機会を増やし、本のある文化のまちづくりを目指しています。駅前にはジュンク堂書店明石店と市民図書館が同居するというありそうでない街です。

そこで明石に住む人、明石で働く人、明石が好きな人、明石に関わる方々にお勧めの本を選書して頂き、本屋さんでコメントP

もっとみる
あなたの心が雨模様でも、3つのライトでその心を照らしたい
9