ライツ社応援の声

49
ライツ社さんのnoteに記事を載せてもらいましたドグ〜!(´ω`)ライツ社さんには気概を感じるんだドグ! 味噌屋大賞の記事とか面白いドグ☆ポップがTwitterで人気爆発!木村書店|ライツ社 @writes_P|note(ノート)https://note.mu/wrl/n/ne3026a9d82ed

ライツ社さんのnoteに記事を載せてもらいましたドグ〜!(´ω`)ライツ社さんには気概を感じるんだドグ! 味噌屋大賞の記事とか面白いドグ☆ポップがTwitterで人気爆発!木村書店|ライツ社 @writes_P|note(ノート)https://note.mu/wrl/n/ne3026a9d82ed

50
続、活きがよくてがっちり売れてる若い出版社は案外あるんだけど、あんまり話題にならなかったりするんだよね。

続、活きがよくてがっちり売れてる若い出版社は案外あるんだけど、あんまり話題にならなかったりするんだよね。

 以前、こんな駄文を書きました。 活きがよくてがっちり売れてる若い出版社は案外あるんだけど、あんまり話題にならなかったりするんだよね。  今回も自分が勝手に「活きがよくてがっちり売れてる若い出版社」だと思ってるところを何社かご紹介します。若いというのは会社が、です。創業者の年齢は関係ないと思ってます。今回も前回と同様に、「違うんだ、そうじゃないんだ」と思う方がいそうですが、その違和感を解消するためのヒントというか、そんなものにも少し触れたいと思います。  念押しですが、今

26
はじめての上司、本の意義

はじめての上司、本の意義

明石にある出版社、ライツ社のnoteに、あの人が登場していた。 わたしのはじめての上司である、ダイヤモンド社の井上直さん。相変わらず日焼けがすごい。 井上さんの言葉を読んでいたら、9年前、彼の部下だったころのフレッシュな気持ちを思いだして胸がキューっとしたので(これがエモいというやつか)noteに残しておく。 ◆    ◆    ◆ いまもきっとそうだと思うけれど、ダイヤモンド社では新入社員をまず営業系の部署に配属する。現場を知らずしていい記者・編集者にはなれん、とい

85