明るい出版業界紙

60
固定された記事

明るい「出版業界紙」をnoteで始めます

少し前に、ライツ社の営業がこんなことを言っていました。 なんでニュースには、出版業界の悪い話しか出ないんだろう?  「出版不況」「書店倒産」「物流危機」etc...。 こんなニュースばっかり見てると、なんだか「本は終わった」みたいに感じてくる。ぼくは、書店が好きなのに。本が大好きなのに。明るいニュースだっていっぱいあるのに。 そう思ってる人はきっと、たくさんいるはず。 このままじゃ、本をつくりたいとか、書店で働きたいとか、そもそも本を読みたい、本に関わりたい、という

スキ
645

インターネットと新聞をつなぐ広告、という試み

ライツ社の大塚です。12月17日(火)付の日経新聞朝刊で、『最軽量のマネジメント』(サイボウズ式ブックス)の全面広告を出稿しました。 広告内容は、おそらく広告のアイデアとしては日本で初めて、noteに投稿された書評記事をそのまま広告として掲載する、というもの。このアイデアに至った背景をお伝えしたいと思います。 発売直後からnoteにたくさんの書評が投稿された11月の発売直後から、『最軽量のマネジメント』に対して、たくさんの書評がnoteに投稿されました。同ジャンルのビジネ

スキ
93

サイボウズとライツ社で、出版事業「サイボウズ式ブックス」を始めます

11月7日(木)、サイボウズ式ブックスより『最軽量のマネジメント』山田理が出版されます。 「サイボウズ式ブックス」とは、グループウェア大手「サイボウズ」とベンチャー出版社である「ライツ社」が提携した立ち上げた出版事業です。 サイボウズからの公式リリースがこちらです。 今回は、サイボウズからの公式リリースとは別に、立ち上げの経緯をまとめながら、ライツ社から見た、つまり出版業界から見た「サイボウズ式ブックス」という取り組みの可能性を話したいと思います。 「サイボウズ式ブッ

スキ
49