【新聞小説07】謎の花さかじいさん
見出し画像

【新聞小説07】謎の花さかじいさん

「明るい出版業界紙」で連載中の、ある日ライツ社に届いた物語。それは今はもうない、とある姫路の本屋さんのお話。今回は店主の元にどんな人が訪れたんでしょう。

連載の初回はこちら

春になると、どこからともなくやってくる、あのおじいさん。いろんな人に奢ったかと思えば、夏になる前にいなくなる。ほんとに謎すぎますーー。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

今日のお話はここまで。次回はタマさんの演劇のお話。

挿絵の柊有花さんのnoteはこちら

マガジンのフォローをしていただくと、次回更新分もタイムラインに表示されるようになります。

#書店主と賑やかすぎる常連たち

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ライツ社

出版業界を新しくしたい。もっと良くしたい。読者と、書店と、友達のような出版社でありたい。「本ができること」を増やしたい。いただいたサポートは、そのためにできることに活用させていただきます。

創業の夜は雷雨でした
2016年創業。海とタコと本のまち「兵庫県明石市」の出版社です。writes.right.light「書く力で、まっすぐに、照らす」を合言葉に、ジャンルにとらわれず本をつくっています。 https://wrl.co.jp