明るい出版業界紙

59
固定された記事
明るい「出版業界紙」をnoteで始めます

明るい「出版業界紙」をnoteで始めます

少し前に、ライツ社の営業がこんなことを言っていました。 なんでニュースには、出版業界の悪い話しか出ないんだろう?  「出版不況」「書店倒産」「物流危機」etc...。 こんなニュースばっかり見てると、なんだか「本は終わった」みたいに感じてくる。ぼくは、書店が好きなのに。本が大好きなのに。明るいニュースだっていっぱいあるのに。 そう思ってる人はきっと、たくさんいるはず。 このままじゃ、本をつくりたいとか、書店で働きたいとか、そもそも本を読みたい、本に関わりたい、という

624
【新聞小説08】タマさん

【新聞小説08】タマさん

「明るい出版業界紙」で連載中の、姫路の本屋さんを舞台にしたお話。今回は店主の元にどんな人が訪れたんでしょう。 連載の初回はこちら 常連の中でもとにかく多趣味で活動的なタマさん。なかでも力を入れていたのが、演劇だったようですーー。 挿絵の柊有花さんのnoteはこちら 明るい出版業界紙では、書店や出版社など、出版業界のグッドニュースやインタビューを更新しています。 #書店主と賑やかすぎる常連たち

27
【新聞小説07】謎の花さかじいさん

【新聞小説07】謎の花さかじいさん

「明るい出版業界紙」で連載中の、ある日ライツ社に届いた物語。それは今はもうない、とある姫路の本屋さんのお話。今回は店主の元にどんな人が訪れたんでしょう。 連載の初回はこちら 春になると、どこからともなくやってくる、あのおじいさん。いろんな人に奢ったかと思えば、夏になる前にいなくなる。ほんとに謎すぎますーー。 今日のお話はここまで。次回はタマさんの演劇のお話。 挿絵の柊有花さんのnoteはこちら マガジンのフォローをしていただくと、次回更新分もタイムラインに表示される

31
【新聞小説06】自転車にまたがった仙人

【新聞小説06】自転車にまたがった仙人

「明るい出版業界紙」で連載中の、ある日ライツ社に届いた物語。それは今はもうない、とある姫路の本屋さんのお話。今回は店主の元にどんな人が訪れたんでしょう。 連載の初回はこちら 常連さんの中でも、とくにめちゃくちゃなのがこのおじいさん。あっちへこっちへと店主が振り回され、いったいどこへいくのやらーー。 ✳︎ 今日のお話はここまで。次回は謎多き春の風物詩について。お楽しみに。 挿絵の柊有花さんのnoteはこちら マガジンのフォローをしていただくと、次回更新分もタイムライ

21