ライツ社
この5年間で届いた感想ハガキ、1000枚
見出し画像

この5年間で届いた感想ハガキ、1000枚

ライツ社

2022年となりました。

そして、実はこっそりライツ社にとって、昨年は5周年イヤーでした。2016年の創業から始まってひと区切りの5期目を終え、6期目を迎えるにあたり、応援してくださった感謝の気持ちを込めて、この5年を年表形式で振り返りたいと思います。

1期目

2016年9月 創業
2016年11月 取次との口座開設
2016年12月 第1弾書籍『大切なことに気づく365日名言の旅』出版
2017年8月 1期目が赤字に終わる

2期目

2017年9月 『人生を狂わす名著50』出版
2018年5月 『HEROES』が紀伊國屋書店新宿本店で270冊完売
2018年7月 ジュンク堂書店明石店でブックフェア「明石な人たちの一冊」を開催
2018年8月 初めての黒字で終える

3期目

2018年9月 『全196ヵ国おうちで作れる世界のレシピ』が「2018料理レシピ本大賞 in Japan」で特別選考委員賞を受賞
2018年11月 ライツ社が男の隠れ家別冊「一度は読んでほしい小さな出版社のおもしろい本2019」に掲載
2019年6月 noteで「明るい出版業界紙」を創刊

4期目

2019年9月 (株)サイボウズと共同出版レーベル「サイボウズ式ブックス」を立ち上げ
2019年10月 営業1名が加わり、社員数が5名に
2019年11月 初めての明石在住著者の本『REMEMBER』出版
2020年2月 『売上を、減らそう。』が「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」でイノベーション部門賞を受賞
2020年4月 緊急事態宣言を受けて、『全196ヵ国おうちで作れる世界のレシピ』をnoteで全文公開
2020年7月 ライツ社が朝日放送「おはよう朝日です」にて特集
2020年7月 『毎日読みたい365日の広告コピー』が日テレ「シューイチ 」にて特集され、Amazon総合1位に

5期目

2020年9月 『リュウジ式悪魔のレシピ』が「2020料理レシピ本大賞 in Japan」で大賞を受賞
2020年10月 ライツ社がソトコト「未来をつくる本」にて特集
2020年12月 編集1名が加わり、社員数が6名に
2021年3月 ライツ社がカンテレ「よ〜いドン!」にて特集。「となりの人間国宝さん」に認定される
2021年3月 ライツ社のHPをリニューアル
2021年3月 丸善丸の内本店で、4連続トークイベント「マイノリティデザイン・デイ」開催
2021年5月 ライツ社史上最速入稿『もうあかんわ日記』出版

5年間で30冊、届いた読者ハガキは1000枚

創業日には風船やジュースなどお祝いの品が会社に届き、たくさんの方からメッセージをいただきました。「おめでとう!」と言ってくれる人がたくさんいて、とても嬉しかったのと同時に、これからも「おめでとう!」と言ってもらえる会社で、自分たちでありたいな、とも思いました。

5年間で出した本は30冊。その間に届いた読者ハガキは1000枚を超えました。会社に並べてみると、机も床も埋め尽くされました。ライツ社の本を買ってくださって、本当にありがとうございました。(並べたタイムラプス動画はこちらから↓)

また5年後、10周年を迎える日にはどこに並べたらいいのか。そんなくだらないことを考えながら、心を照らす本をつくり続けていきます。改めまして、共に本をつくり、広げ、届けてくださったみなさま、そしてライツ社の本を読んでくださったすべてのみなさまに感謝いたします。

そして6期目、本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ①

『マイノリティデザイン』と『認知症世界の歩き方』が、「読者が選ぶビジネス書グランプリ」にノミネートされています。こちらは読者のみなさんからの投票で決まる賞です。応援よろしくお願いします。投票は1/10(月)まで

お知らせ②

出版営業を募集しています。新卒・未経験者、出版社で働きたいけど関西で暮らしたい人、大歓迎です!エントリーシートの〆切は1/17(月)まで


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ライツ社

出版業界を新しくしたい。もっと良くしたい。読者と、書店と、友達のような出版社でありたい。「本ができること」を増やしたい。いただいたサポートは、そのためにできることに活用させていただきます。

ライツ社
2016年創業。海とタコと本のまち「兵庫県明石市」の出版社です。writes.right.light「書く力で、まっすぐに、照らす」を合言葉に、ジャンルにとらわれず本をつくっています。 https://wrl.co.jp