明るい出版業界紙

60
固定された記事
明るい「出版業界紙」をnoteで始めます

明るい「出版業界紙」をnoteで始めます

少し前に、ライツ社の営業がこんなことを言っていました。 なんでニュースには、出版業界の悪い話しか出ないんだろう?  「出版不況」「書店倒産」「物流危機」etc...。 こんなニュースばっかり見てると、なんだか「本は終わった」みたいに感じてくる。ぼくは、書店が好きなのに。本が大好きなのに。明るいニュースだっていっぱいあるのに。 そう思ってる人はきっと、たくさんいるはず。 このままじゃ、本をつくりたいとか、書店で働きたいとか、そもそも本を読みたい、本に関わりたい、という

スキ
640
【新聞小説08】タマさん

【新聞小説08】タマさん

「明るい出版業界紙」で連載中の、姫路の本屋さんを舞台にしたお話。今回は店主の元にどんな人が訪れたんでしょう。 連載の初回はこちら 常連の中でもとにかく多趣味で活動的なタマさん。なかでも力を入れていたのが、演劇だったようですーー。 挿絵の柊有花さんのnoteはこちら 明るい出版業界紙では、書店や出版社など、出版業界のグッドニュースやインタビューを更新しています。 #書店主と賑やかすぎる常連たち

スキ
30
【新聞小説07】謎の花さかじいさん

【新聞小説07】謎の花さかじいさん

「明るい出版業界紙」で連載中の、ある日ライツ社に届いた物語。それは今はもうない、とある姫路の本屋さんのお話。今回は店主の元にどんな人が訪れたんでしょう。 連載の初回はこちら 春になると、どこからともなくやってくる、あのおじいさん。いろんな人に奢ったかと思えば、夏になる前にいなくなる。ほんとに謎すぎますーー。 今日のお話はここまで。次回はタマさんの演劇のお話。 挿絵の柊有花さんのnoteはこちら マガジンのフォローをしていただくと、次回更新分もタイムラインに表示される

スキ
31
【新聞小説06】自転車にまたがった仙人

【新聞小説06】自転車にまたがった仙人

「明るい出版業界紙」で連載中の、ある日ライツ社に届いた物語。それは今はもうない、とある姫路の本屋さんのお話。今回は店主の元にどんな人が訪れたんでしょう。 連載の初回はこちら 常連さんの中でも、とくにめちゃくちゃなのがこのおじいさん。あっちへこっちへと店主が振り回され、いったいどこへいくのやらーー。 ✳︎ 今日のお話はここまで。次回は謎多き春の風物詩について。お楽しみに。 挿絵の柊有花さんのnoteはこちら マガジンのフォローをしていただくと、次回更新分もタイムライ

スキ
21
【新聞小説05】木こりの先生と紳士な先生

【新聞小説05】木こりの先生と紳士な先生

「明るい出版業界紙」で連載中の、ある日ライツ社に届いた物語。それは今はもうない、とある姫路の本屋さんのお話。今回は店主の元にどんな人が訪れたんでしょう。 連載の初回はこちら 面と向かうと妙に安心したり、なんでも話せる不思議な先生がいるというのは、とても幸せなことですね。今日はそんな先生のお話ーー。 ✳︎ 今日のお話はここまで。次回はなんとも危険な自転車じいさんのお話です。お楽しみに。 挿絵の柊有花さんのnoteはこちら マガジンのフォローをしていただくと、次回更新

スキ
24
【新聞小説04】筆談の料理人と詩人の毛沢東

【新聞小説04】筆談の料理人と詩人の毛沢東

「明るい出版業界紙」で連載中の、ある日ライツ社に届いた物語。それは今はもうない、とある姫路の本屋さんのお話。今回は店主の元にどんな人が訪れたんでしょう。 連載の初回はこちら 本屋さんにふらりと訪れた物静かな女性。そして、見るからに豪快な毛沢東似の詩人スズキさん。ある日、スズキさんから自宅への招待状がお店に届きーー。 ✳︎ 今日のお話はここまで。次回は本屋さんに訪れるいろんな「先生」のお話です。お楽しみに。 挿絵の柊有花さんのnoteはこちら マガジンのフォローをし

スキ
24
【新聞小説03】シャッター前のおくりもの

【新聞小説03】シャッター前のおくりもの

「明るい出版業界紙」で連載中の、姫路の本屋さんを舞台にしたお話。今回は店主の元にどんな人が訪れたんでしょう。 連載の初回はこちら とある朝の光景。姫路の本屋さんは今日も開店前から賑やかそうですーー。 ✳︎ 今日のお話はここまで。次回はお客さんとの素敵な筆談のお話です。 挿絵の柊有花さんのnoteはこちら マガジンのフォローをしていただくと、次回更新分もタイムラインに表示されるようになります。 #書店主と賑やかすぎる常連たち

スキ
23
「この話、ホンマなんですか?」 新聞小説作者インタビュー

「この話、ホンマなんですか?」 新聞小説作者インタビュー

明るい出版業界紙で連載している新聞小説「書店主と賑やかな常連たち」。この話を書かれたのは、兵庫県姫路市で実際に書店主をされていた清水さん。 前回は「ナカタ君が投げた自転車が車のフロントガラスに突き刺さって、持ち主のおばちゃんにこっぴどく叱られる」というホンマなん?的な展開でしたが、話はすべて実話とのこと。 というわけで、作者の清水さんにいろいろ話を聞いてみました。 結局人が一番エンターテイメントーあれ、ホンマなんですか? 清水:そうですそうです。全部ほんとの話で。

スキ
132
【新聞小説02】放り投げた自転車とおばちゃん

【新聞小説02】放り投げた自転車とおばちゃん

「明るい出版業界紙」で連載中の、ある日ライツ社に届いた物語。それは今はもうない、とある姫路の本屋さんのお話。今回は店主の元にどんな人が訪れたんでしょう。 連載の初回はこちら 新年早々、お店に電話をかけてきたナカタ君。落ち込んだ様子で「やってしまったー」とひと言。破天荒な彼が起こした事件はいったい? ✳︎ ✳︎ 今日のお話はここまで。次回はとにかく忙しい主婦のマキさんが登場します。お楽しみに。 挿絵の柊有花さんのnoteはこちら マガジンのフォローをしていただくと

スキ
21
【新聞小説01】全身刺青まみれの読書家

【新聞小説01】全身刺青まみれの読書家

「明るい出版業界紙」で連載中の、ある日ライツ社に届いた物語。それは今はもうない、とある姫路の本屋さんのお話。初回からかなり時間がたってしまいましたが、連載再開です。 さて、今回は書店にどんなお客さんがやってきたんでしょうか。 「はじめに」はこちら 姫路の本屋さんではじめに紹介するのはナカタ君。その見た目と裏腹に、彼の周りには不思議と人が集まってくる。しかし、その風貌からトラブルに巻き込まれることも少なくなかったようです――。 ✳︎ ✳︎ 今日のお話はここまで。ナカ

スキ
53
今はもうない、とある姫路の本屋さんのお話

今はもうない、とある姫路の本屋さんのお話

ある日、ライツ社に届いた物語。それは今はもうない、とある姫路の本屋さんのお話。 作者の清水さんはこう手紙に書いてくれていました。 小さな子供からお年寄りまで国籍問わず色々な世代の人たちがやって来ました。 本屋がメインではありましたが、カフェバーやギャラリーを併設していたのは、お客さん同士の交流の場でもありたいと思っていたからでした。 様々な価値観を持った人同士がおしゃべりをする場所があれば楽しいと思ったのです(というのは建前で、自分が楽しみたかったのが本音です)。 送ら

スキ
63