ライツ社

2016年創業。海とタコと本のまち「兵庫県明石市」の出版社です。writes.right.light「書く力で、まっすぐに、照らす」を合言葉に、ジャンルにとらわれず本をつくっています。 https://wrl.co.jp

「山あいの書店は人口8000人の田舎町を支えるAmazonだった」 ウィー東城店@広島

広島県 庄原市 東城町。人口8400人弱の町にある「ウィー東城店」は、一見よくある郊外型の書店ですが、じつは出版業界どころか他業種からも注目されるお店。 広島県と岡山…

10/28(水)百万年書房さんの連続トークイベント「いつもより具体的な本づくりの話を。」に出ます。

東京、田原町駅から徒歩2分の書店「Readin’ Writin’ BOOK STORE」にて出版社・百万年書房の北尾修一さんが企画するトークイベントが行われています。 毎回、北尾さんが…

noteの読書感想文投稿コンテスト「#読書の秋2020」ライツ社の課題図書を発表!

この秋、note公式と出版社合同で、読書感想文投稿コンテスト「#読書の秋2020」という企画が始まりました。以下、note公式からのほかの課題図書やコンテスト全体のおしらせ…

ぶどうの収穫|平屋私庭日記#46

庭のぶどうがついに収穫を迎えた。今回は途中まで前住居人の方が育ててくれていて、今までで一番の豊作だと聞いていた。今回はぶどうのお話を。 ぶどうの木 ぶどうの木の…

ソトコトに逆取材したらわかった「本」と「未来」の関係

本日、10月5日(月)発売の「ソトコト」(2020年11月号)のテーマは「未来をつくる本」。 書店の新しいカタチや生き方を教えてくれる図書館など、わくわくするブックスポッ…